DD方式とNDD方式(STP/ECN方式)の違いとは?メリット・デメリットをまとめてみた。

analysis 680572 1280 - DD方式とNDD方式(STP/ECN方式)の違いとは?メリット・デメリットをまとめてみた。

こんにちは、すばるです。

今回この記事では、FX業者を選ぶ際によく出てくる言葉であるNDD方式(A-book)やDD方式(B-book)について解説していきたいと思います。

おそらくこの記事を読んでいる人は、「DD方式やNDD方式ってなんだろう?」と思い、インターネットで検索をしてこの記事にたどり着いたと思いますが、その行動は正解です!

FX会社を選ぶ際にスプレッド幅やボーナス面だけに目が行きがちですが、DD方式やNDD方式というのはFX会社選びでとても重要なポイントですし、一人の投資家として最低限知っておくべく知識です。

特に、トレード環境に重きを置いている人にとってはこのNDD方式かDD方式かというので損益に影響してきます。

では、早速NDD方式とDD方式について解説していきましょう。

NDD方式やDD方式ってなに?

ここからは、NDD方式やDD方式について解説しています。

NDD方式とDD方式の決定的な違いは、FX会社側が利益操作をできるか否かという点を意識してNDD方式とDD方式の各解説を読むと理解しやすいと思います!

透明性の高い、NDD方式(A-book)

利益操作ができないNDD方式(A-book)の場合、トレーダー(あなた)とインターバンク(注文先)だけで取引が完結する仕組みのことでFX会社側は手数料などをスプレッドに加えずに取引を仲介してくれています。

15176258ec7a6c6b531917a8c2fab0a2 1024x576 - DD方式とNDD方式(STP/ECN方式)の違いとは?メリット・デメリットをまとめてみた。

スプレッド=FX会社側の利益』ですね。

見出しの冒頭で、「利益操作ができないNDD方式」と言いましたが、NDD方式の場合はDD方式とは違いトレーダーの取引に干渉できないためトレーダー側は自分のトレードをFX会社側に邪魔される心配がありません。

「FX会社がトレーダーの取引を邪魔するの?」

と思われた方もいるかもしれませんが、後に紹介するDD方式ではFX会社が普通にトレードを邪魔してきます。「なぜFX会社側がトレーダーの取引を邪魔するのか?」については後で解説するのでここでは一旦省きます!

結論まとめると、NDD方式は取引に対して手数料(スプレッド)を利用者側から得ているため、利用者が勝てば勝つほど(取引してくれればしてくれるほど)儲かるためトレーダーとFX会社がWin-Winの関係になります。NDD方式を採用しているFX会社はトレーダーに勝ってもらい取引を継続してもらうことこそが会社の売上に繋がるという経営方針なわけです。

ちなみに海外FXでは、8割以上がNDD方式を採用しており、日本国内のFX会社の場合は全てDD方式を採用しているのが現状です。

透明性が低い、DD方式(B-book)

利益操作ができるDD方式(B-book)の場合、トレーダーとインターバンク(注文先)の間にFX会社が挟まります。つまり、トレーダー(あなた)が注文を入れると一度FX会社に注文が行き、その注文をどのように捌くのかはFX会社に掛かっているというわけです。

aa6b39a47302732d40fa462d2154250d 1024x576 - DD方式とNDD方式(STP/ECN方式)の違いとは?メリット・デメリットをまとめてみた。

DD方式を導入している会社の多くは、小さい取引に関しては自社(FX会社)で捌き、大きな取引に関してはインターバンクに注文を流していることがほとんどです。一見、めんどくさそうですが、このような方式をFX会社側が取る理由は、単純にNDD方式よりも儲かるからです。

例えば、あなたが友人に1万円分の宝くじを買ってきてほしいと頼んだとします。しかし、宝くじで当たる確率なんてたかが知れてますよね?だから、友人は宝くじを買ったけど、全部負けて外れてしまったことにし、1万円をちょろまかして利益を得ることもできるというわけです。ちなみに、これをFX会社がやることをノミ行為と言います。

酷い話ですが、これがDD方式を採用しているFX会社の魂胆とも言えます。

FX会社の中のトレーダーさんの判断で例えで解説したノミ行為や注文が拒否される約定拒否などが起こります。

とは言え、こんなことをインターネット社会と呼ばれる現代でしょっちゅうやっていたら、そのFX会社の信用はガタ落ちし、顧客が離れていくのは目に見えているので、バレるかバレないか判断がつかないくらいの微妙なラインで調整されているのが現実です。

悪いことだらけのように見えるDD方式ですが、実は利益操作ができる分ボーナス面やスプレッド幅が狭く設定できたりなど利用者側に恩恵があるのもまた事実です。

結論、DD方式はトレーダーの取引をバレない程度に操作し利益を増幅させる分、ボーナスやスプレッド幅などが異様に低く設定できたりします。また、DD方式では用者が負ければ負けるほどFX会社側は大きく稼げるため、最終的に利用者が大きく負けることを前提とした経営方針なのがDD方式を採用しているFX会社というわけです。

NDD方式(A-book)には2種類の手数料がある

ここからは、NDD方式を採用している会社の2種類の手数料の取り方について解説していくのですが、その前提として「あなたがFX会社で取引をする際、どこにどういう名目の手数料が掛かっているのか?」というポイントについて予め解説しておきます。

あなたがドル円を買いで注文して最終的に勝ったとき、このとき既に以下の2つのところから手数料が発生しています。

  1. インターバンク(注文先)例:銀行や企業
  2. FX会社(証券会社)

1つ目のインターバンク(注文を受ける会社や銀行)からは、受付手数料が発生。

2つ目のFX会社(証券会社)からは、仲介手数料が発生。

STP方式

10fda4d7335fa71a4aa0e337ea71095a 1024x286 - DD方式とNDD方式(STP/ECN方式)の違いとは?メリット・デメリットをまとめてみた。

STP方式とは、インターバンクとFX会社の2重の手数料がスプレッドとして乗っかている取引方式のことを言います。つまり、注文を仲介することと注文を受け付けることに手数料が発生しているというわけです。

ECN方式

6082ca2097b1d4c7572268bf1fcf649e 1024x283 - DD方式とNDD方式(STP/ECN方式)の違いとは?メリット・デメリットをまとめてみた。

ECN方式とは、インターバンクのみの手数料がスプレッドとして乗っかている取引方式のことを言います。スプレッドにFX会社側の手数料が含まれてないため、スプレッド幅が狭くなり、トレーダーが取引を行いやすくなります。

ただし、FX会社側の仲介する手数料が0でこのままだとタダ働きになってしまいます。

そこで、FX会社は取引量に対して手数料を発生させ帳尻を合わせているというわけです。大体、1lotあたり5ドルくらいを手数料としてFX会社側が取っています。

DD方式とNDD方式のメリット・デメリットとは?

ここからはDD方式とNDD方式のメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。

DD方式のメリット・デメリット

DD方式のメリットは主に2つあります。

1つ目のデメリットは、ボーナスに力を入れている場合が多いという点です。

DD方式の場合は、FX会社側の利益操作ができるためNDD方式よりも儲けやすいため、儲けた分トレーダーや新規顧客へのボーナスを還元している会社が多いです。

2つ目のデメリットは、スプレッド幅が狭く、変動幅が小さくなりやすいという点です。

これも上のメリットで解説した通り、スプレッド幅や変動幅を抑えトレード環境に還元してくれる会社もあります。

メリット
  1. ボーナスに力を入れてくれる。
  2. スプレッドが狭く、変動幅が小さくなりやすい。

続いて、DD方式のデメリットは主に4つあります。

1つ目のデメリットは、取引に対して透明性が低く、不正にトレードに干渉してくる可能性があるという点です。

可能性があるというよりは、実際に取引を意図的に邪魔してくることもあります。DD方式の場合は、利用者が大きく負ければ負けるほど会社側は大きく儲けることができるため、ストレートに言うならば、勝つトレーダーは邪魔というわけです。

2つ目のデメリットは、約定拒否になる可能性が高いという点です。

これも上のデメリットで解説した通り、約定拒否・ストップ狩り・リクオート・スリッページ・レート変更などの取引操作をやってくる可能性があります。

3つ目のデメリットは、自動売買やスキャルピング取引をい禁止している会社が多いという点です。

自動売買やスキャルピング取引は、短期取引が多く、DD方式を採用している会社からすると捌ききれないというのが主な理由です。「だったらDD方式なんてやるな!」って話ですが、会社の経営方針なのでその点は仕方がありません。

スキャルピング(短期取引)を行いたい人は、NDD方式を採用しているFX会社を利用しましょう。TradeviewなどはNDD方式でトレード環境に重きを置いているので結構おすすめです。

4つ目のデメリットは、トレーダーが負けることに重きを置いた経営スタイルという点です。

感情面で話すと、「なんでトレード環境を提供する側が、トレーダーの負けを期待してるんだよ。。。」っていうのが僕の本音ですが、DD方式を採用している会社は基本的に利用者が最終的に負けることを前提として設計されている経営スタイルです。

ボーナス面を重視しているのは『初心者=負ける可能性の高いカモ』を釣るための餌というのはここだけの話です。

デメリット
  1. 透明性が低く、不正にトレードに干渉してくる可能性がある。
  2. 約定拒否になる可能性が高い。
  3. 自動売買やスキャルピング取引を禁止していることが多い。
  4. トレーダーが負けることに重きを置いた経営スタイル

NDD方式のメリット・デメリット

NDD方式のメリットは主に4つあります。

1つ目のメリットは、取引の透明性が高く、トレード環境に重きを置いている会社が多いという点です。

NDD方式の会社で有名なところだとTradeviewなどがありますが、まさにトレード環境に重きを置いている代表例と言えます。

2つ目のメリットは、約定拒否やストップ狩りなどが基本的に起こらないという点です。

基本的に起こらないというよりは起こってはいけないという表現の方が正しいです。ただし、稀にNDD方式と公表しつつDD方式を採用している会社もあります。

3つ目のメリットは、トレーダーが勝つことに重きを置いた経営スタイルという点です。

正直、僕の本音を言わせてもらうと「NDD方式の何が良い!」ってこの経営スタイルだと思っています。

DD方式を採用しているFX会社の『トレーダーが負ければ大きくFX会社が大きく儲かる』という経営スタイルは正直意味がわかりません。トレーダーにトレード環境を提供するFX会社がトレーダーの負けを望むというのはどうなのかと思うというのが僕の意見ですね。

4つ目のメリットは、自動売買やスキャルピング取引を堂々とできるという点です。

NDDの場合は、注文をそのままインターバンク(注文先)に流しているため短期取引で注文が殺到しようがサーバーさえ問題なければ普通に処理できます。

メリット
  1. 透明性が高く、トレード環境に重きを置いている会社が多い。
  2. 約定拒否やストップ狩りなどが基本的に起こらない。
  3. トレーダーが勝つことに重きを置いた経営スタイル
  4. 自動売買やスキャルピング取引を堂々とできる。

続いて、NDD方式のデメリットは主に3つあります。

1つ目のデメリットは、ボーナス面が期待できないという点です。

NDD方式を採用している場合は、ボーナス面には期待できません。

期待できないというよりは、ボーナスを豊富にしてしまうと採算が合わなくなるので本来はそれが普通です。言い換えれば、ボーナスが豊富過ぎるところはDD方式を採用しているとも言えます。

2つ目のデメリットは、STP方式の場合はスプレッドが広くなりやすいという点です。

これも上のデメリットで解説した通り、NDD方式の場合は儲けの多くはスプレッドか取引手数料になるため、会社の規模や経営状況によってはスプレッドが広くなることしばしばあります。

3つ目のデメリットは、ECN方式の場合は取引量に対して大きい手数料が発生しやすいという点です。

これも上で解説した通りです。

デメリット
  1. ボーナス面は期待できない。
  2. STP方式の場合、スプレッドが広くなりやすい。
  3. ECN方式の場合、取引量に対して大きい手数料が発生しやすい。

DD方式を採用しているFX会社で起こるデメリット事例

ここまででDD方式を採用している会社はトレードに介入できてしまうというのはわかったと思いますが、具体的にどのように介入してくるのかをここでご紹介しておきたいと思います。

飲み行為

これは先程地味に解説していましたが、利用者が注文し、損切りしたはずの注文をFX会社側でコッソリ保持し、利用者の代金分で大きく利益を得たりする行為のことを言います。

例えば、友人からのお使いで宝くじを買うフリをして負けを友人に伝えることで事実上、お使い分の代金を利益としてちょろまかすのと同じです。

約定拒否

利用者が入れた注文を拒否する行為を言います。

一般的には、その注文に対してFX会社側にデメリットが生じると判断した場合などに約定拒否を使われることが多いです。具体的には、雇用統計などの大きく値が動くタイミングなどは約定拒否が起こりやすいです。

リクオート(Requote)

これは約定拒否と似ています。約定拒否の場合は拒否されて終わりですが、リクオートの場合は拒否された旨を伝え、再度注文をいれるのかを聞いてくることを言います。

利用者「あれ、注文が拒否された。。。」
業者側「あ、ごっめーん!うまく注文入らなかったわ」
業者側「今のタイミングで注文入れ直す?どうする?」

とこのように、聞いてくるのがリクオートです。笑

ストップ狩り

ストップ狩りとは、FX会社側がチャートをいじくり、本来ない値の動きをさせることで強制ロスカットを意図的に発生させる手法のことを言います。

DD方式を採用している会社の場合は、利用者が大きく負ければ負けるほど大きく儲けることができるためこのような行為をすることがあります。ちなみに、この行為自体は完全に違法なので、最近ではかなり減りました。

スリッページ

スリッページとは、確定した注文値とクローズしたときの値にズレが生じることを言います。

これは運営側が意図的にやっている場合と注文が殺到した際に偶発的に起きてしまう場合の両方があり、見分けるのは難しいというのが正直なところです。処理を行うサーバー等に力を入れているFX会社の場合はスリッページが起こりにくいです。

DD方式とNDD方式に関するあの噂は事実なの?嘘なの?

ここからはDD方式とNDD方式のFX会社を選ぶ際によく見かける噂が事実なのか嘘なのかをご紹介していきたいと思います。

NDD方式だけど実はDD方式を採用している嘘を付きFX会社も存在する!

これは事実です!

NDD方式だと公式ページには書かれているけど、明らかにDD方式なFX会社というのはあります。これに関しては僕が仕事で行ったとあるFX会社の役員の方に、「(結構有名な海外FX会社2社)は実はDDだからね~」という話を暴露されたことがあります。

実際に、1社は僕も過去に利用していた経験があるのですが、薄々気づいてはいました。おそらく実はDD方式をやっていたであろうFX会社をある程度使っているとふと気づくタイミングがあります!笑

DD方式=トレード環境が悪い

これは嘘です!

国内FXはほぼDD方式を採用していますが、ストレスなくトレードできる会社もあります。最近だと、NDD方式とDD方式の両方を採用しているFX会社も多くあります。

例えば、GemforexなんかはNDDとDD方式の両方を採用しています。実際、取引をしていても約定拒否なんかは過去一度もありませんし、約定のスピードに関しても今までストレスを感じたことはありません。

むしろ、NDD方式なのに処理サーバーが弱すぎて約定力が低いというFX会社もあるので一概に『DD方式=トレード環境』が悪いとは言えません。

まとめ

ここまでNDD方式とDD方式についてまとめてきましたが、NDD方式とDD方式について理解して初めて「スプレッドがなぜ狭いのか?」「ボーナスがなぜ豊富なのか?」などが裏の事情がわかったと思います。

不思議なことに、人は書いてあることが全てだと思いこむ生き物ですが、それが危ないです。少し極端かもしれませんが、お金が絡むことでは人は普通に嘘を付きます。今回の記事で言うならば、DD方式なのにNDD方式だと偽っている業者は存在します。

ただし、DD方式とNDD方式についてしっかりと理解した人は、各FX会社の取引スペックやボーナスを見ると「なんでこの会社はNDD方式なのにボーナスがこんなに豊富なのだろう…。」というように表記してあることと実際に会社側が行っていることに整合性ないことに気づくはずです。

投資家にはそういう真偽を見破る力も必要になってきます。

そして、この記事を最後まで読んだ方にはせめて、全てに物事に対して疑いを持つことを心がけることを忘れないでほしいです。疑いの目を持った上で騙されて失敗したとしても1つの判断基準を得たと思えば、安い勉強料だったりすることも多くあります。

例えば、最近流行りのプロのトレーダーに自分の代わりに運用してもらえるMAM運用などに投資するときも「プロ=絶対勝てる」とは思わず、過去の取引履歴を見たりして判断するなど常に疑いう深く判断することはとても重要です。

MAM運用についてよくわからない人は下の関連記事で詳しく解説しているので、ここでは解説を省きます。

その他にも、FX会社の選び方や目的用途に合ったおすすめのFX会社を探している人も下の関連記事にまとめているのでもしよければご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です