FX運用をプロのトレーダーに委託・代行してもらえる?運用方法・注意点をまとめたみた。

dollar 3680056 1280 - FX運用をプロのトレーダーに委託・代行してもらえる?運用方法・注意点をまとめたみた。

こんにちは、すばるです。

FXをやった経験がある人なら誰でも一度はプロのトレーダーに運用を任せてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

結論から言ってしまうと、FX運用をプロのトレーダーに委託・代行することは可能です!

実際、僕もプロのトレーダーさんに運用をお願いしてからそろそろ6ヶ月ほどが経ち、色々とわかわかってきたがあるので、今回この記事に僕の経験談を元にFX運用をプロに代行してもらう上での注意点や方法などの全てをまとめていきたいと思います。

FX運用を代行してくれるトレーダーさんにはどんなメリットがあるのか?

FX運用をプロのトレーダーさんに委託・代行することが可能というのは先にお伝えしましたが、委託・代行を引き受けるトレーダーさんにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

結論から言うと、委託・代行を引き受けるトレーダーさんには金銭的メリットがあります。

金銭的メリットにも以下の通りいくつか種類があります。

金銭的メリットの種類
  1. 月収などの給料で雇われる
  2. 成果報酬
  3. IB報酬

①月収などの給料で雇われる

これが一番イメージしやすと思いますが、会社員やサラリーマンのように雇われて委託・代行を引き受けるトレーダーさんもいます。この報酬形態を取るメリットとしては仮に負けたとしても報酬は支払われるということです。もちろん毎月負けたばかりだと、いつか首を切られるとは思いますが。

ただし、今この記事を読んでいる人が想像しているような形態とはかけ離れていると思いますし、正直トレーダーさんと探しやお給料を支払うなどのリスクも伴ってくるのであまり現実的でありませんね。

一般的にこの報酬形態でトレーダーに運用の代行をお願いするのは、証券会社などです。

②成果報酬

運用資金の元手からどのくらい増やしたかによって利益を得られる報酬形態です。

一般的な手法としては、自分のFX口座とトレーダーさんの口座を紐づけて取引内容を反映させ、損益を反映させるという形態を取ることがほとんどです。予め利益が出た場合の配当%を設定しておき、トレーダーと投資者のそれぞれに利益が分配されるというわけです。

③IB報酬

FX会社とトレーダーが提携し、スプレッド(FX会社側の設け分)にトレーダーさんの利益分を予め上乗せしておき、取引量に応じてトレーダーにメリットを付ける手法です。

おそらくこの形態を取っているトレーダーさんが最も多いです。

FX運用をプロのトレーダーに委託・代行してもらう方法とは?

ここからはFX運用をプロのトレーダーに委託・代行してもらう具体的な方法をご紹介していきましょう。今回はトレーダーを雇って運用してもらう方法は省きますね。

コピートレード運用

コピートレードとは、トレーダーの取引内容をそのまま他の口座にも反映させる運用手法です。例えば、⚫⚫時△△分にドル円を買いでエントリーした場合、あなたの口座にも同じトレード内容が反映さえるというわけです。

コピートレードは、入会金や利益が出た際に一定の割合を分配するようにして利益を得ているケースが多いです。

ただし、なろうと思えば初心者でも個人的にコピートレードの親(トレーダー)になれてしまうというデメリットもあります。さらに、コピートレードを運営する親(トレーダー)側の情報が少ないことが大半であるため詐欺案件が多いのが1つの特徴とも言えます。

個人的にはあまりおすすめしないFX運用の委託の方法です。

MAM運用

MAMとは、海外FX会社が提供している仕組みで、トレーダーの取引内容をそのまま他人の口座にも反映させる運用手法です。

MAMでは、利益が出た際に一定の割合を分配して利益を得ていたり、IB報酬と呼ばれるスプレッドにトレーダー側の手数料(利益分)を上乗せして取引量で利益を得ているケースが多いです。

MAMとコピートレードの違いとは?

MAMとコピートレードの違いは、トレーダー(親)として運用できるようになるまでの審査形態が違います。

一般的に、MAMの場合は海外FX会社のプラットフォームを利用するため、海外FX会社が厳しい審査を行うためトレーダーの実績や信用審査が求められることが多いです。その反面、コピートレードは審査がない場合も多く、やろうと思えばトレード初心者でも親としてトレードを行うことが可能です。

結論、MAMの方が運営する側への審査が厳しいため、コピートレードよりもMAMの方が運営側に一定以上の信頼性があります。

MAMとコピートレードはどちらの方が良いの?

結論から言いますと、僕はMAMの方をおすすめします。

MAMの審査に関しては、海外FX会社によっても厳しさが異なりますが、コピートレードよりMAMの方が審査が厳しいです。もちろん、MAMにも詐欺案件紛いのものを見つけたことはありますが、FX会社の審査に通過し、常に監視されているMAMの方が優良な案件が多い印象です。

ただし、海外FX会社によっては審査も緩い会社もあるので、海外FX会社の信頼性やMAMへのサポート体制が重要になってきます。

海外FX会社GemforexやBigbossとかはMAMへのサポート体制の基盤がしっかりしており、日本語サポートもかなり丁寧というので有名なFX会社です。ちなみに、僕もGemforexのMAMに投資として利用していたりするので、個人的にもおすすめです。

bf384c870af6f7914c63e8d2df61f33e 486x290 - 【2019年最新版】GemForexのMAM運用の評判はどうなの?メリット・デメリット・口座開設方法をまとめてみた。

【2019年最新版】GemForexのMAM運用の評判はどうなの?メリット・デメリット・口座開設方法をまとめてみた。

2019年4月25日

MAM運用の注意点

ここからはMAM運用の注意点をご紹介していきたいと思います。

『プロが運用する=絶対に勝てる』わけではない!

これはMAMやコピートレードに限らず共通して言えることですが、プロが運用するからと言って必ず勝てるわけではありません。つまり、投資はあくまで投機というわけです。

投資というとどうしても利益などのメリットに意識が行きがちですが、圧倒的にリスク管理の方が重要です。リスク管理をしていると利益の管理をすることにもなるのですが、人間の欲とは恐ろしいものでどうしても利益に目が眩みます。

投資は『どのくらいの利益を狙い、どこまでの損失を許容するのか』を予め設定しておくことががとても重要です。これができない人は最後には絶対に痛い目を見ます。

まとめると、MAMであろうがコピートレードであろうが投資であることには変わりがないという点だけは忘れてはならないということです。

過去の取引履歴を公開していないMAMには注意!

MAMに似たものでPAMMと呼ばれるものがあるのですが、このMAMとPAMMの明確な違いは取引履歴が見れるか否かという点です。

つまり、MAMは取引履歴を公開できなければおかしいという話です。MAMに投資する際はしっかりと過去の取引履歴を見てから投資するか否かを判断すると良きです。

ちなみに、MAMとPAMMに関する詳細は下の記事で解説しているので今回は解説を省きますね。

money 2724235 1280 486x290 - 【海外FX】マネージドアカウント(MAM・PAMM口座)とは?2019年最新のおすすめMAM業者をまとめてみた

【海外FX】マネージドアカウント(MAM・PAMM口座)とは?2019年最新のおすすめMAM業者をまとめてみた

2019年7月1日

海外FX会社の評判や信頼性も重要!

MAMを提供しているのは一部の海外FX会社なのですが、そのMAMを提供しているFX会社の評判や信頼性はとても重要な判断基準です。

例えば、過去に大問題を起きて以降、会社としての信頼性は低いFXDDという海外FX会社でもMAMの提供は行っていたりしますが、とても評判が悪いです。

the dollar 3125419 1280 486x290 - 【2019年最新版】『FXDD』のMAM運用の評判はどうなの?メリット・デメリットをまとめてみた。

【2019年最新版】『FXDD』のMAM運用の評判はどうなの?メリット・デメリットをまとめてみた。

2019年7月26日

詳しくは下の記事でまとめているのでそちらを読んでほしいですが、FX会社の信頼性の高さというのはMAMに投資をする上で必要不可欠です。

基本的に、FX会社は顧客からの信頼が命なので、MAMなどの業者の審査は信頼性の高い会社であればあるほど厳しく実施される傾向にあります。

MAMは基本的に参加料などの初期費用などは一切かからない!

たまにMAMの営業をかけられたのか、インターネットからの情報なのかは不明ですが、MAMに関して勘違いしている人がいます。

MAMは参加料などの初期費用はかからないところの方が多いです!

基本的に、MAMに参加するために初期費用を持ちかけてくるのはほぼ100%運営側の都合です。例えば、僕が投資しているMAMは全て無料で参加できましたし、今まで一度も初期費用の話を持ちかられたこともありません。

もちろん、『初期費用を取る=悪い』とは言いませんが、初期費用がかかることが当たり前のような印象を与えるのはどうなのかと思うので今回この見出しを付け加えておきました。

 

まとめ

ここまでFX運用をプロの投資家やトレーダーに委託・代行する方法や注意点などについて解説していきましたが、少しでも参考になれば幸いです。

僕がMAMに投資し始めたきっかけは、当時投資には興味があったものの本業(会社の経営)が忙しすぎてそこまで手が回らなかったときに、プロに投資を任せられたら良いなと思い立ったことです。

現在では、複数のMAMや自動売買などに投資をしたりなどで2年ほどが経ちますが、過去に詐欺に合ったこともありますし、訳のわからない百万円くらいするツールを衝動買いしてしまい痛い目をみたこともあります。

ただし、それが失敗だったとは思っていません。

投資も勉強も仕事も全て失敗と学びの繰り返しです。そうやって知識や経験での勝率を上げることが何より大切なことだと僕は思います。それに、悪事を行う人は周り回って自分に返ってくるので基本無視でOKです!笑

それに僕の経験上、行動を積み重ねながら、リスク管理を徹底していればトータルで換算するとプラスになります。

その辺の話をしだすとかなり長くなってしまうので、今回はこのあたりで締めたいと思いますが、興味ある方は下の関連記事に投資を行う上での注意点や僕が実際に投資しているものなどをまとめていおくのでそちらを読んでください。

2 件のコメント

  • すばる様

    キャンドルマツさんが紹介している Triumph MAM というMAM案件が気になります。信頼できるものなのでしょうか?教えていただけましたら幸いです。

    • すみません。
      僕もその方については初耳なので、何とも言えないというのが正直なところです。

      今度、キャンドルマツさんの『Triumph MAM』については調べてみたいと思います!
      ネタ提供ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です