バカラで使える3倍マーチンゲール法|ハイリスク+ハイリターンなマーチンゲールの改良版!

money1 - バカラで使える3倍マーチンゲール法|ハイリスク+ハイリターンなマーチンゲールの改良版!

こんにちは、毎日休み.com運営部です。

今回はバカラの賭け方のテクニックである「3倍マーチンゲール法」について詳しく解説していきます。

この手法は、マーチンゲール法と呼ばれる賭け方の改良版であり、負け金を1度の勝利ですべて回収し、さらに大きな利益を運んでくれる夢のような賭け方になっています。

しかし、もちろん大きなリスクを伴う賭け方なので、3倍マーチンゲール法のメリットもデメリットも含めてご紹介していきます。

特に軍資金を多めに持っている方にとっては、より負けにくく利益を増やしやすい手法になっているので、是非ご覧ください。

バカラ必勝の3倍マーチンゲール法の使い方とは?

3倍マーチンゲール法とは、マーチンゲール法の改良版の賭け方で、負けを1度の勝利ですべて取り戻すことができて、さらに利益も大きく残せる手法となっています。

元の手法であるマーチンゲール法とは、「負けたときに、次の賭け金を2倍にする賭け方」であり、その使いやすさや負け金を取り戻す強さから多くの方に使用されており、その改良版の賭け方もいくつが登場しています。

マーチンゲール法のことを知らない方は、下の記事で詳しく解説しているので、まずはそちらをご覧ください。

money 486x290 - バカラで使える3倍マーチンゲール法|ハイリスク+ハイリターンなマーチンゲールの改良版!

バカラ必勝のマーチンゲール法とは?使い方から注意点まで網羅的に徹底解説!

2020年3月12日

また、マーチンゲール法の改良版である「グランマーチンゲール法」というものも下の記事でご紹介しているので、興味のある方はご覧になってみてください。

playing cards 486x290 - バカラで使える3倍マーチンゲール法|ハイリスク+ハイリターンなマーチンゲールの改良版!

バカラで負けない+利益が出せるグランマーチンゲール法の使い方と注意点とは?

2020年3月13日

そして3倍マーチンゲール法は、その名の通り「負けたときに、次の賭け金を2倍にするのではなく3倍にする賭け方」です。

マーチンゲール法には大きな利益を残すことができないという欠点があったのですが、3倍に賭け金を上乗せすることで負けを取り戻しつつ、利益も大きく残せるようになっています。

しかし、その分リスクが大きくなっているので使用する場合は注意が必要ですが、軍資金さえ豊富にあれば簡単に活用できて、なおかつ利益がおいしい手法ですので、気になる方は実践してみてください。

3倍マーチンゲールの使い方の手順は以下のようになっています。

3倍マーチンゲール法を使用する手順
  1. 初回の賭け金を決めて、それをまずは賭けます。(例:100円賭けるなど)
  2. 負けた場合は負けた金額の3倍の額を次のゲームで賭けます。(例:100円負けたら次のゲームで300円賭ける)
  3. それでも負けたら、さらに次のゲームでは倍の金額を賭けます。(例:300円も負けたら次のゲームは900円賭ける)
  4. 勝った場合は、次のゲームでは初回の賭け金を賭けます。(例:また100円だけ賭けるなど)

基本的に負けたら賭け金を3倍にしていくことを繰り返して、勝ったときは賭け金を初回の賭け金に戻すという簡単な法則になっています。

3倍マーチンゲールを利用する際の「メリット」と「デメリット」

利益が大きく、負けも1度の勝利で回収できるというギャンブラーの理想が詰まった3倍マーチンゲール法ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

メリットだけに注目して活用すると大きな負けを経験する羽目になるかもしれないので、利用する前にきちんとメリットとデメリットを理解しておきましょう

ここでは、そのメリットとデメリットをご紹介していきます。

3倍マーチンゲール法を利用するメリット

3倍マーチンゲール法にはメリットが2つあります。

1つ目のメリットは、「それまでの負け金を1度の勝利で回収できる」ことです。

バカラなどのギャンブルをしていると、勝っては負けてを繰り返して負け金の回収がうまくいかないときがありますよね。

しかし、3倍マーチンゲール法は負けたときに、次のゲームで3倍の金額を賭けるため、1度でも勝てば、それまでの負け金をすべて回収することができます。

連敗しても1回勝てば負けをチャラにできるのは、嬉しすぎるメリットとなっています。

2つ目のメリットは、「連敗するほど勝ったときの利益も大きい」ことです。

適当な賭け金を賭けていると連敗するほど利益はなくなっていきますし、マーチンゲール法でも連敗してもしなくても利益は小さいです。

しかし、3倍マーチンゲール法は負けたときに、3倍の賭け金を賭けていく手法のため、連敗が続くほど勝ったときの利益が大きくなります。

例えば、初回賭け金100円で1回負けた後に次のゲームで勝った場合の利益は200円となりますが、初回賭け金100円で4連敗した後に次のゲームで勝った場合の利益は4100円となります。

このように連敗が続くほど勝ったときの利益が大きくなるのは、負けることさえも嬉しくなってしまう強力なメリットです。

メリットまとめ
  1. それまでの負け金を1度の勝利で回収できる
  2. 連敗するほど勝ったときの利益も大きい

3倍マーチンゲール法を利用する際のデメリット

3倍マーチンゲール法にはデメリットも2つあります。

1つ目のデメリットは、「連敗が続くと賭け金が一気に膨らむ」ことです。

これはマーチンゲール法などでもよく言われるデメリットですが、3倍マーチンゲール法ははるかに賭け金が膨らみやすくなっています

例えば、マーチンゲール法では9連敗すると10ゲーム目では初回賭け金の512倍の資金が必要になりました。

しかし3倍マーチンゲール法で、9連敗すると10ゲーム目では初回賭け金の19683倍の資金が必要になってしまいます。

これは初回賭け金が100円だとしても、10ゲーム目には1968300円(約200万円)の賭け金が必要になるということです。

そのため、軍資金が少ない方は使うことができない手法となっています。

2つ目のデメリットは、「賭け金の上限を超えやすい」ことです。

上記の説明でもわかるように3倍マーチンゲール法は、他の手法に比べて連敗すると賭け金が非常に大きくなってしまいます。

そのため、油断しているとバカラテーブルの賭け金の上限を超えてしまい、手法が破綻するということも考えられます。3倍マーチンゲール法を使うときには賭け金の上限が大きいテーブルを選ぶ必要があります。

このように3倍マーチンゲール法には、リスクの大きいデメリットもあるので、活用する際は豊富な軍資金の準備と賭け金の上限の大きいテーブルを選ぶように注意してください

デメリットまとめ
  1. 連敗が続くと賭け金が一気に膨らむ
  2. 賭け金の上限を超えやすい

3倍マーチンゲール法を使った勝敗シミュレーション

3倍マーチンゲール法の使い方やメリットやデメリットを知っても、いまいち使ったときのイメージがつかないかもしれません。

そこで、ここでは3倍マーチンゲール法の使ったときの勝ちパターンと負けパターンのシミュレーションをご紹介していきます。

ご自身の予算と照らし合わせながらシミュレーションをご覧ください。

3倍マーチンゲール法で勝つときの勝敗の流れ

9ffc3145aacac6fc9a12aa7c4add4339 - バカラで使える3倍マーチンゲール法|ハイリスク+ハイリターンなマーチンゲールの改良版!

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

序盤は連敗が続きますが、その後の勝利で一気に資金がプラスになっています。勝ち負けが続きながらも着実に利益が増えているのがわかると思います。

このように大きな連敗が続かなければ賭け金もそれほど膨らまないうえに、利益も増やせる手法になっています。

3倍マーチンゲール法で負けるときの勝敗の流れ

addb6fe24cd916a16a8788efeb7f2ae8 - バカラで使える3倍マーチンゲール法|ハイリスク+ハイリターンなマーチンゲールの改良版!

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで負けたときのシミュレーションです。

4連敗した時点で、次のゲームで3倍の賭け金を賭けることができず、手法が破綻しているのがわかるかと思います。

4連敗した時点で次の賭け金は初回の81倍の金額が必要になるため、初回賭け金1$で軍資金100$しかない状況で3倍マーチンゲール法を使うのは無謀と言えますね。

上記の表のように連敗が続いたときの賭け金の膨れ上がり方が非常に大きいので、利用される際は自分の軍資金が何連敗でなくなってしまうのかきちんとシミュレーションをしておきましょう

3倍マーチンゲール法で勝てない人の特徴

3倍マーチンゲール法を使って負ける方には大きな2つの共通点があります。それは以下の2つの特徴です。

3倍マーチンゲール法で負ける人の特徴
  1. 軍資金と連敗のシミュレーションをしていない
  2. 最初の賭け金が軍資金に対して大きい

特徴①:軍資金と連敗のシミュレーションをしていない

自分の軍資金が何連敗でなくなってしまうのかをシミュレーションしない方は破産しやすい傾向にあると考えられます。

軍資金が多いからといって、何も考えずに賭け始めると9連敗した段階で次の賭け金は初回賭け金の2万倍が必要になりますし、さらに負ければ6万倍が必要になるなど、連敗したときの軍資金の減りは非常に早いです。

そのため、油断して連敗のシミュレーションを怠ると気づいたら軍資金が底をついていたということになるかもしれません

特徴②:最初の賭け金が軍資金に対して大きい

また軍資金に対して初回賭け金が大きいとすぐに軍資金が底をついて手法が崩壊してしまいます。

例えば、軍資金の100分の1の資金を初回に賭けた場合は4連敗した時点で、次のゲームで3倍の賭け金を賭けることができず、手法が崩壊してしまいます。

(4連敗後の5ゲーム目では、初回の81倍の賭け金が必要であり、それまで4連敗の負け金も合わせると必要な資金は100倍を超えるため。)

そのため、個人的には軍資金に対して300万分の1以下の金額を初回賭け金にした方が良いと考えています。(300万分の1でも、10連敗すると破産してしまいますが…。)

3倍マーチンゲール法をうまく活用するための注意点

ここでは3倍マーチンゲール法をうまく活用するための注意点やコツをご紹介していきます。

以下の3つを守ることが大切ですので、利用されるときの参考にしてみてください。

3倍マーチンゲール法の3つの注意点
  1. 大きな軍資金を用意して最初の賭け金を小さくする
  2. テーブルの賭け金の上限を確認する
  3. 賭けるタイミングを見極める

注意点①:大きな軍資金を用意して最初の賭け金を小さくする

3倍マーチンゲール法は、軍資金にものを言わせて力づくで配当金を増やす方法と言えます。

そのため、軍資金を多く用意したほど3倍マーチンゲール法で負ける確率を減らすことができます。

また最初の賭け金を小さくすることで、最初の利益は小さくなりますが、連敗で軍資金がなくなって破産してしまう可能性を下げることができます。

3倍マーチンゲール法は軍資金が切れた時点で負けてしまう手法ですが、軍資金が続く限りは負けることがない賭け方なので、利用する際は豊富な軍資金を用意して、賭け金を小さくしてから挑みましょう

注意点②:テーブルの賭け金の上限を確認する

3倍マーチンゲール法は理論上は負けない手法ですが、軍資金がなくなったときと賭け金がテーブルの上限を超えてしまった場合は負けてしまいます

そのため、勝負前には必ずテーブルの賭け金の上限を確認しましょう。

そして、何連敗したらテーブルの上限を超えてしまうのかを計算して、上限大きなテーブルを探してから挑むなどの工夫が必要です。

注意点③:賭けるタイミングを見極める

3倍マーチンゲール法は賭けるタイミングを見計らうことでより、負けにくくなると感じます。

どのようにタイミングを見計らうかというと、連敗の確率を計算して、確率が低くなった段階で勝負に出ることです。

例えば、バカラは勝率約50%のため「プレイヤー」が5連勝する確率は約3.1%と確率上はかなり低くなります。そのため、「プレイヤー」が5連勝した段階で「バンカー」に賭け続けていくなどのタイミングを見計らって賭けることが大切です。

しかし、あくまで確率上の話なので、もちろん片方が15連勝することなどもあります。

そういったことを含めてご自身の予算と確率を見極めながら賭けるタイミングを見極めてから賭けるようにしてみてください。

まとめ

ここまで諸刃の剣ともいえる3倍マーチンゲール法について解説してきました。

リスクが大きいけどハイリターンな手法であり、軍資金が豊富にあるときには大きな力を発揮する手法になっているので、気になる方はしっかりと軍資金を準備してから活用してみてください

そして、バカラの賭け方のテクニックだけでなく、オンラインカジノ全般の攻略情報についてもLINE@「オンカジ攻略部」にて配信しています。

バカラもバカラ以外のものも含めてオンラインカジノについてより詳しく知りたいという方は是非「オンカジ攻略部」に参加されてみてください。

また特典コードを送信された方には、特典情報も配信しているので、是非受け取ってみてください。

特典コード:バカラ無料配信

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です