バカラで低リスク高配当が実現するパーレー法とは?短時間で大きく勝ちたい方必見!

bet1 - バカラで低リスク高配当が実現するパーレー法とは?短時間で大きく勝ちたい方必見!

こんにちは、毎日休み.com運営部です。

今回はバカラで使える賭け方のテクニック「パーレー法(逆マーチンゲール法)」について詳しく解説していきます。

この手法を低リスクでありながらも高配当を期待できる手法となっっているので、短時間で大きく勝ちたいという方は是非ご覧ください。

パーレー法のメリットもデメリットも、うまく使う方法もすべてご紹介していきます。

バカラで使えるパーレー法の使い方とは?

バカラなどの2倍ギャンブルで使うことのできるパーレー法は、マーチンゲール法とは真逆の賭け方をするため「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。

マーチンゲール法では、負けた時に次のゲームの賭け金を2倍にするのですが、パーレー法では勝った時に次のゲームの賭け金を2倍にしていきます。

パーレー法とは真逆の賭け方であるマーチンゲール法について知りたい方は、下の記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

money 486x290 - バカラで低リスク高配当が実現するパーレー法とは?短時間で大きく勝ちたい方必見!

バカラ必勝のマーチンゲール法とは?使い方から注意点まで網羅的に徹底解説!

2020年3月12日

パーレー法は、勝った時に賭け金を2倍にしていき、負けたときには賭け金を変えない手法であるため、リスクが低く、それでいて利益は大きく出せる手法になっています。

短時間で利益を増やしたい方にはおすすめの手法ですし、とても簡単に利用できるので、興味のある方は一度実践してみてください。

パーレー法の使い方の手順は以下のようになっています。

パーレー法を使用する手順
  1. 初回の賭け金を決めて、それをまずは賭けます。(例:100円賭けるなど)
  2. 勝った場合は次のゲームで2倍の額を賭けます。(例:100円勝ったら次のゲームで200円賭ける)
  3. その後も勝てたら、さらに次のゲームでは倍の金額を賭けます。(例:200円も勝てたら次のゲームは400円賭ける)
  4. 負けた場合は、次のゲームでは初回の賭け金を賭けます。(例:また100円だけ賭けるなど)

勝った時に賭け金を2倍にしていくことを繰り返して、負けた時には賭け金を初回に戻すという簡単な賭け方です。

連勝しないと利益を残すことはできませんが、リスクは小さい手法になっています。

パーレー法を利用する際の「メリット」と「デメリット」

低リスク高リターンという夢のようなパーレー法ですが、もちろん良い面も危険な面もあります。

ここでは、パーレー法のメリットとデメリットについて、それぞれ詳しく解説していきます。

パーレー法を利用するメリット

パーレー法にはメリットが3つあります。

1つ目のメリットは「短期間で利益を増せる」ことです。

パーレー法では連勝すると掛け金が倍々に増えていくので、連勝するほど賭け金が膨大になり、勝てば利益が大きくなります。

初回賭け金が100円でも10連勝した際の利益は102300円(初回賭け金の1000倍程)になります。

もちろん連勝することは難しいですが、マーチンゲール法や他の手法とも比べても利益が増えるスピードは桁違いです。

2つ目のメリットは「負けても損益が少ない」ことです。

パーレー法は勝った場合は得た配当をそのまま次のゲームに賭けていくため、負けた場合も損失がないのです。

連勝せずに負けが続いたとしても、負けた場合は初回の賭け金だけを賭けるので、損失も初回の小さな賭け金が積み重なっていくだけで大きな損失にはなりません

3つ目のメリットは「自分の好きなタイミングで辞められる」ことです。

パーレー法は、連勝時に倍の金額を賭けていくのですが、辞めるタイミングは自由に決められます。

「3連勝したら利益を確定させよう」や「時間がないから4連勝で終わりにしよう」など辞めるタイミングが自由です。

マーチンゲール法のように勝つまで手法を辞められないということがないのは大きなメリットです。

メリットまとめ
  1. 短期間で利益を増せる
  2. 負けても損益が少ない
  3. 自分の好きなタイミングで辞められる

パーレー法を利用する際のデメリット

パーレー法のデメリットは2つあります。

1つ目のデメリットは「1度の敗北で利益が全てなくなる」ことです。

パーレー法は、勝って得た配当金を次のゲームですべて賭けるという大胆な手法のため、どんなに連勝して利益を得ても、1度の敗北で利益がなくなってしまいます

10連勝したら辞めようと思っていても9連勝目で負けてしまえば利益はないのです。

そのため、利益を確定させるギリギリのタイミングで負けてしまった場合の精神的なダメージは大きくなります

2つ目のデメリットは「連勝しないと利益がない」ことです。

バカラは勝率約50%のギャンブルのため、勝ったり負けたりを繰り返えしていき、利益を積み上げていくものです。

しかし、パーレー法を使う場合は勝ったり、負けたりでは利益は残らず、むしろ手数料などの関係からマイナスになってしまうこともあります。

連勝することは簡単なことではないので、パーレー法で利益を得るのも簡単ではないと言えます。

デメリットまとめ
  1. 1度の敗北で利益が全てなくなる
  2. 連勝しないと利益がない

このようにメリットもデメリットもそれぞれあり、良い点も悪い点も一長一短となっているので、それらを見比べてからパーレー法を利用するか検討してみてください。

パーレー法を使った勝敗シミュレーション

パーレー法を使ったときの状況をよりイメージしやすいように、ここではパーレー法の勝敗シミュレーションをしていきます。

ご自身の予算のことを考えながらシミュレーションをご覧ください。

パーレー法で勝つときの勝敗の流れ

23fd70111cd977203a515354f645bfab - バカラで低リスク高配当が実現するパーレー法とは?短時間で大きく勝ちたい方必見!

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・4連勝で利益確定・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

4連勝での利益確定がうまくいって、大きな利益を獲得した後に、連勝によって資金が増えているのがわかると思います。

表のように連勝時の利益が大きく、負けた場合資金の減りが少ない、低リスクで高配当を得られる手法となっています。

パーレー法で負けるときの勝敗の流れ

e01ad0e6b3913069fa48cbac6110a87a - バカラで低リスク高配当が実現するパーレー法とは?短時間で大きく勝ちたい方必見!

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・4連勝で利益確定・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

連勝が3連勝で止まり、利益を確定する前に利益をすべて失っているのがわかると思います。

その後も勝ち負けは同じ回数ですが、連勝していないため利益が伸びておらず負けています

しかし、1$ずつしか資金が減らないため、大きな負けにはなりません。

連勝の利益確定ポイントによって利益が大きく変わってくる手法となっているので、何連勝で利益を確定させるのかは自分の得たい配当と比べてシミュレーションしておきましょう

パーレー法で勝てない人の特徴

パーレー法を使っても利益が残せず、損失が積み重なってしまう方もいます。

そんな方には以下の2つの特徴があるので、パーレー法を利用される際は気を付けましょう。

パーレー法で負ける人の特徴
  1. 利益確定のタイミングを決めていない
  2. 軍資金に対して初回賭け金が大きい

特徴①:利益確定のタイミングを決めていない

パーレー法で勝てない人は利益確定のタイミングを決めていない傾向があります。

パーレー法はどんなに連勝が続いても1度の負けで利益がすべて失ってしまう手法になっています。

勝率約50%のバカラで永遠と勝ち続けることはもちろん不可能ですし、パーレー法を使い続ければ利益を得られることがありません。

連勝する確率などから考えて現実的な利益確定タイミングを決めて、ある程度利益を得た段階でリセットしないといつまで経っても手元に利益が残らなくなって勝てなくなるのです。

特徴②:軍資金に対して初回賭け金が大きい

またパーレー法で勝てない人は軍資金に対して初回賭け金が大きい傾向があります。

パーレー法は負けた時の損失が初回賭け金の単位のみとなっているので、リスクが小さい手法として有名です。

しかし、軍資金に対して10%くらいなど初回賭け金を大きくすると資金が減るスピードが早く、負けやすくなる傾向にあります。

軍資金がなくなれば、どんな手法を用いても利益を出せなくなるので、余裕を持った初回賭け金を設定しましょう。

パーレー法をうまく活用するための注意点やコツ

パーレー法で勝てない人の特徴を見たあとは、どのようにパーレー法を使えばうまく活用できるのかをご紹介していきます。

以下の3つのことを意識することで、より効果的にパーレー法のメリットを享受できます。

パーレー法の3つの注意点
  1. 利益を確定させるタイミングを決める
  2. テーブルの賭け金の上限を確認する
  3. 他の手法と組み合わせることも考える

注意点①:利益を確定させるタイミングを決める

注意点の1つ目は「利益を確定させるタイミングを決める」ことです。

勝てない人の特徴でも説明しましたが、バカラで永遠と勝ち続けることは不可能であり、どんなに連勝が続いてもいつか負けます。

そのため、負けた時に利益が全てなくならないように、ある程度連勝した時点でパーレー法をリセットして、初回の賭け金から賭けなおすことがうまく活用する上で1番大切なコツとなります。

注意点②:テーブルの賭け金の上限を確認する

注意点の2つ目は「テーブルの賭け金の上限も確認する」ことです。

パーレー法は連勝する度に賭け金を2倍にしていくため、賭け金が大きくなりやすく、9連勝後の10ゲーム目では初回の賭け金の512倍の賭け金が必要になります。

そのため、テーブルの賭け金の上限を超えてしまうこともあります

テーブルの上限に達した時点で利益を確定させても良いのですが、波に乗っていてもっと賭けたい場合なども出てくると思うので、テーブルの賭け金の上限を予め確認しておくことは大切です。

注意点③:他の手法と組み合わせることも考える

注意点の3つ目は「他の手法と組み合わせることも考える」ことです。

パーレー法だけでもリスクが小さくて利益を出しやすいのでおすすめですが、連勝しないと利益が出ないため、調子が悪いときはマイナスになることも全然あります。

そのため、負け金を回収するためにマーチンゲール法と組み合わせたりすることで負けも取り返せるし、利益も増やしやすくなります

他の手法を取り入れることでもちろんリスクも増えてくるかと思いますが、パーレー法だけに囚われず臨機応変に対応することも大切です。

下の記事ではバカラで使える他の賭け方の手法をまとめてご紹介しているので、気になる方は是非ご覧になってみてください。

Bet 486x290 - バカラで低リスク高配当が実現するパーレー法とは?短時間で大きく勝ちたい方必見!

【予算・状況別】バカラの勝ち方を徹底解説!バカラ攻略のシステムベット一覧

2020年2月18日

まとめ

ここまでパーレー法について解説してきました。

低リスク高リターンな手法ですが、1度負けで利益がなくなってしまうことや連勝しないと利益が残せないなどのデメリットもあります。

そういったことを含めて、短時間で大きく勝ちたいと考える方は、パーレー法も取り入れてみてください

この記事を読んで、少しでも戦略の幅が広がってもらえたら幸いです。

また、バカラの手法に限らずオンラインカジノ全般のお得な攻略情報をLINE@の「オンカジ攻略部」にて配信しています。

特典コードを送信すると、特別な情報も受け取れるようになっているので、この機会に興味がありましたら参加されてみてください。

特典コード:バカラ無料配信

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です