バカラでも使えるモンテカルロ法とは?複雑な手法をわかりやすく解説します!

money3 - バカラでも使えるモンテカルロ法とは?複雑な手法をわかりやすく解説します!

こんにちは、毎日休み.com運営部です。

今回は複雑で少しとっつきにくい「モンテカルロ法」という賭け方をバカラで活用する方法をわかりやすく解説していきます。

マーチンゲール法のように賭け金が大きく膨らむことが少なくて、賭けを辞めるタイミングを明確になるので、特に初心者にはおすすめの手法となっています。

軍資金が少ないし、熱くなると辞められなくて困っているという方は是非最後までご覧になってみてください。

バカラでのモンテカルロ法の使い方とは?

モンテカルロ法とは、数列を用いて数列通りに賭けていくテクニックです。

真偽は不明ですが、モナコ王国のモンテカルロのカジノを破産に追い込んだ手法という噂もあるほど強力な賭け方になっています。

少し複雑な手法となりますが、2倍配当や3倍配当のギャンブルで利用できるためバカラでも使うことができます。

そして、ルールに則って賭けていくだけで利益を残せる賭け方であり、賭け金の増え方も緩やかになっているので初心者の方にもおすすめです。

そのモンテカルロ法の使い方は以下のようになっています。

モンテカルロ法を使用する手順
  1. 紙とペンを用意して、紙に「1,2,3」と数字を書きます。
  2. 両端の数字を足した金額を賭ける手法なので、最初のゲームでは、「1+3=4」で4単位分の賭け金を賭けます。(例:4$賭ける)
  3. 負けた場合は、数字の一番右側に負けた金額を付け足します。(数列は「1,2,3,4」となる。)
  4. そして次のゲームでも両端の数字を足した金額である「1+4=5」の5単位を賭けていきます。(例:5$賭ける)
  5. 勝った場合は数列の両端の金額を消します。(数列は両端が消えて「,2,3,」となる)
  6. 数字の残りが、1個か0個になった時点で基本的に利益が確定されてモンテルロ法が成功します。

上記のように少し手間がかかって複雑な方法ですが、理解するととても簡単です。限りなくシンプルにわかりやすくまとめると以下のようになります。

モンテカルロ法をまとめると?
  1. 準備:紙とペンを用意して「1,2,3」と数字を書く
  2. 賭け金:数列の両端の数字を足したもの
  3. 負けた場合:数列の右端に負けた数字を足す
  4. 勝った場合:数列の両端の数字を消す
  5. 成功:数列の数字が1個か0個になったとき

ちなみに2倍配当のときは両端の数字を1つずつ消すのですが、3倍配当のときは両端の数字を2つずつ消していきます

モンテカルロ法を利用する際の「メリット」と「デメリット」

カジノを破産に追い込んだという噂もあるほど強力な手法ですが、万能なわけでなくメリットもデメリットもあります。

デメリットを理解せずに使用すると思わぬ痛手を食らってしまうかもしれないので、ここではメリットもデメリットをそれぞれご紹介していきます。

モンテカルロ法を利用するメリット

モンテカルロ法にはメリットが3つあります。

1つ目のメリットは「賭け金が大きくなりにくい」ことです。

モンテカルロ法は、マーチンゲール法パーレー法などと違い、数列の両端を足した金額を賭けるだけなので、賭け金の増え方が緩やかで一気に破産してしまうことはほぼありません

そのため、それほど軍資金を準備してないくても気軽に使うことができるので初心者の方にもおすすめしやすいです。

2つ目のメリットは「賭け金に迷いがなくなる」ことです。

ギャンブルを始めたばかりの方だと、次にいくら賭けたらいいのか迷ってしまうことがよくあると思います。

しかし、モンテカルロ法は数列通りに賭けていくだけで利益が残せる手法となっていて、賭け金に迷うことがなくなります

そのため、賭け金の設定にいつも迷ってしまうような方には使いやすい手法です。

3つ目のメリットは「利益が出るタイミングが明らか」なことです。

利益が出るタイミングが明らかだと辞めるタイミングが決めやすく、ずるずると賭け続けるということがなくなります。

賭け金が大きくなりにくいと辞め時を決めるのが難しいのですが、モンテカルロ法では利益が出たタイミングでスパッと辞めることができるのです

メリットまとめ
  1. 賭け金が大きくなりにくい
  2. 賭け金に迷いがなくなる
  3. 利益が出るタイミングが明らか

モンテカルロ法を利用する際のデメリット

モンテカルロ法のデメリットは3つあります。

1つ目のデメリットは「2倍配当のバカラでは利益がでないこともある」ことです。

モンテカルロ法は3倍配当のギャンブル(ルーレットなど)でより力を発揮する手法となっていて、2倍配当のギャンブルでも利用できるのですが、稀に利益が出ないことがあります

d9cdb849ff838c77a2e2e0f9948b7682 1024x378 - バカラでも使えるモンテカルロ法とは?複雑な手法をわかりやすく解説します!

上記の表のように、数列を最後の勝利で消しきっても配当累計が0になることもありますし、マイナスになることもあります。

もちろんマイナスは非常に小さくなりますが、「バンカー」などに賭ける際は手数料も取られてしまうことを考えると、バカラで使うのには少し向いていない手法とも言えます

2つ目のデメリットは「数列を記憶するかメモしないといけない」ことです。

数列通りに賭けるため、その数列を記憶するかメモしないといけないので、少しめんどくさいやり方となっています。

めんどくさいと思って記憶に頼った結果、賭け金を間違えて損益を出してしまうこともあるので、そこはデメリットとなります。

3つ目のデメリットは「利益が出るまでに時間がかかることもある」ことです。

モンテカルロ法は数列を消していくことで利益を確定させる方法ですが、負ける回数が多いと数列がなかなか消せず、時間ばかりが過ぎてしまうこともあります。

そのためサクッと利益を得たい方にはおすすめできない手法になっています。

デメリットまとめ
  1. 2倍配当のバカラでは利益がでないこともある
  2. 数列を記憶するかメモしないといけない
  3. 利益が出るまでに時間がかかることもある

このようにメリットとデメリットがあるので、利用されるか検討する際はそれぞれを意識してください。

モンテカルロ法を使った勝敗シミュレーション

少し複雑な手法であるモンテカルロ法をよりわかりやすくイメージできるように勝敗のシミュレーション表を作成しました。

モンテカルロ法がよく理解できなかった方も、実際はどのような配当がもらえるのかを知りたい方は是非ご覧ください。

モンテカルロ法で勝つときの勝敗の流れ

ee4c3d7e099e2b4cf93b565884417d9b 1024x379 - バカラでも使えるモンテカルロ法とは?複雑な手法をわかりやすく解説します!

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

負けが5回で勝ちが4回と負け越しているのですが、勝ったときに数字を2つ消せるため、モンテカルロ法が成功しプラスの配当を得れているのがわかると思います。

表のように数列を全て消すことで利益を確定できるうえに、辞めるタイミングを明確に決まっています。

モンテカルロ法で負けるときの勝敗の流れ

2122d4ead8cde27fbe1f5f931b3d4949 1024x379 - バカラでも使えるモンテカルロ法とは?複雑な手法をわかりやすく解説します!

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで負けたときのシミュレーションです。

連敗が続いて数列が増えてしまい、賭け金も大きくなって、数列を消すのも困難になっているのがわかると思います。

もちろん、その後ゲームで連勝すれば賭け金はプラスになりますが、その後も負け続けると軍資金は全て使いきってしまうでしょう。

負けが連続するなど、流れが悪い場合は損切りすることも視野に入れることが大切です。

モンテカルロ法で勝てない人の特徴

数列通りに賭けるだけで利益が出せるモンテカルロ法ですが、この手法を使っても勝てない人はいます。

そんな勝てない人は以下の2つの共通点があります。

モンテカルロ法で負ける人の特徴
  1. 記憶に頼ってモンテカルロ法を実践する
  2. 損切りラインを決めない

特徴①:記憶に頼ってモンテカルロ法を実践する

勝てない人の1つ目の特徴は「記憶に頼ってモンテカルロ法を実践する」ことです。

モンテカルロ法は、賭け金の変化が他の手法などと比べても複雑なため、慣れないうちからメモせずに記憶に頼って使うと、間違える可能性が高いです。

間違えると手法が成立しなくなって負けてしまうこともあるので、慣れないうちは必ず紙とペンを用意して、しっかりと記録しながら活用することが大切です。

特徴②:損切りラインを決めていない

勝てない人の2つ目の特徴は「損切りラインを決めていない」ことです。

モンテカルロ法も負けが重なると数列を消すのが困難になってしまいますし、さらに賭け金もジワジワと膨らんでいくので資金を圧迫するようにもなります。

連敗しながらもずるずるとモンテカルロ法を続けると軍資金を使い果たすこともあるので、予め損切りラインを決めておくことも大切です。

モンテカルロ法をうまく活用するための注意点

そしてモンテカルロ法をうまく活用するために以下の3つのことには注意しましょう。

基本的に数列通りに賭けていれば利益は発生しますが、油断していると負けることも往々にしてあるので、注意点を意識してモンテカルロ法を使ってみてください。

モンテカルロ法の3つの注意点
  1. 必ずメモを使って記録する
  2. 時間を確保する
  3. 負けを引きずらない

注意点①:必ずメモを使って記録する

注意点の1つ目は「必ずメモを使って記録する」ことです。

モンテカルロ法は数列を遵守して賭け金を決めていくことで、利益を残しやすくなる手法となっています。そのため、数列を守ることがなによりも大切です。

紙にメモをすることでよりミスを防げて、負けるリスクを減らせると思うので、面倒臭がらずに必ず紙にメモして記録しながら賭けましょう

注意点②:時間を確保する

注意点の2つ目は「時間を確保する」ことです。

モンテカルロ法は、マーチンゲール法ココモ法などのように1度の勝利で利益を得るのではなく、勝ったり負けたりを繰り返しながら、利益を残す手法です。

そのため、数列を消して利益を確定させるまでに時間がかかることもあります

時間が足りなくなってモンテカルロ法を途中で辞めてしまうと損失を確定させることになってしまうので、モンテカルロ法を使う際はある程度の時間を確保しておきましょう。

注意点③:負けを引きずらない

注意点3つ目は「負けを引きずらない」ことです。

モンテカルロ法は連敗が重なると数列を消すのも難しくなりますし、賭け金も大きくなってしまいます。

その連敗が重なる状況でずるずると賭け続けるといつの間にか軍資金の大半を使っていて、数列も消えてないというような状況に陥ることもあります。

そんな絶望的な状況に陥らないように予め損切りラインなどの引き際を決めておきましょう

5連敗したら別の手法に切り替えて負けを取り戻すことや潔く辞めるという選択肢も考えることが大切です。

まとめ

他の手法とは違った独特の賭け方であるモンテカルロ法の使い方やメリット・デメリットなどをまとめてご紹介していきました。

複雑で敬遠されがちなモンテカルロ法をわかりやすく解説できていたら幸いです。

メモが必要だったりと少し面倒かもしれませんが、戦略の幅を広げるためにも興味がありましたら、実践してみてください。

またテクニック的なことばかりでなく、オンラインカジノ全般の攻略情報もLINE@の「オンカジ攻略部」で配信しています。

他では教われないようなオンカジ情報が流れてきたり、特典コードを入力するとお得な特典情報も受け取れるようになっているので、興味のある方は是非参加されてみてください。

特典コード:バカラ無料配信

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です