バカラで連勝時に活躍するバーネット法(1326法)とは?使い方や注意点まとめ

9fe0a7d8cd1785308027531111ae284e - バカラで連勝時に活躍するバーネット法(1326法)とは?使い方や注意点まとめ

<オンカジボーナス特集>

ベラジョンカジノ



アカウントを作成するだけで、
実際のゲームに使える30ドルのクレジットがもらえるボーナスキャンペーン実施中!


アカウントを作るだけで今すぐオンラインカジノが無料で遊べます!

10bet japan



当サイト経由で10bet japanのアカウントを作成した方限定で、実際のゲームで使える30ドルのクレジットがもらえるキャンペーン実施中!

下のボタンからアカウントを作成するだけで、入金せずに今からオンラインカジノで遊べます!

Konibet



当サイト経由でコニベットのアカウントを作成した方限定!

出金上限が無制限 100%入金ボーナス 実施中!

激アツなボーナスを是非受け取ってください!

こんにちは、毎日休み.com運営部です。

今回はバカラで連勝した時に活躍する「バーネット法(1326法)」という賭け方について解説していきます。

連敗による損失は少なくてリスクが低いながらも、連勝時には利益を残しやすい手法となっているので、堅実にバカラを勝負していきたいという方におすすめの手法になっています。

バカラでどのように賭けたらいいのか迷っている方やリスクを抑えてプレイしたいという方は是非バーネット法を知ってください。

バカラで使えるバーネット法(1326法)の使い方とは?

バーネット法は、バカラなどの2倍配当のギャンブルで利用できる賭け方で、連敗によるリスクを減らしながら、連勝時に利益を伸ばす手法です。

別名「1326法」とも呼ばれており、その名の通り連勝が続くと「1・3・2・6」の順で賭け金をセットする賭け方となっています。

グッドマン法と非常に似ている賭け方であり、グッドマン法よりは少しだけリスクが高く、リターンも大きいのが特徴です。

とても簡単に使える手法でリスクも少ないので、初心者の方でも上級者の方でも気軽に使えます。

バーネット法の一連の賭け方の流れは以下のようになっています。

グッドマン法を使用する手順
  1. 「1・3・2・6」の中で初めは「1」分の金額を賭ける。(例:1$賭ける)
  2. 勝った場合は、「1・3・2・6」の順番で賭けていくので、次は「3」を賭けます。(例:3$賭ける)
  3. その後も勝つたびに「1・3・2・6」の順に賭けていき、一番右の「6」に達しても勝ち続けた場合は、ずっと「6」の金額を賭け続けます。(例:6$を賭け続ける)
  4. どのタイミングであっても、負けた場合は、手法をリセットして「1」の金額から賭け直します。(例:初回の1$から賭け直す)
  5. グッドマン法を辞めるタイミングは自由です。

上記の説明では「1・3・2・6」を「1$・3$・2$・6$」と設定して解説しましたが、比率通りに賭けるのであれば「2$・4$・6$・10$」のように賭け金を増やしても問題ありません

予算に余裕があるときは、比率を保ったまま賭け金を増やしたり、逆にリスクを抑えたい場合は「1$・3$・2$・6$」などの最低金額を賭けていきましょう。

バーネット法を利用する際の「メリット」と「デメリット」

次にバーネット法のメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

自分が利用する賭け方の強みと弱みをきちんと理解していないと。最大限手法を活用することができなかったり、思わぬ損失を食らってしまうこともあります。

そのため、ここできちんとバーネット法の良い面も悪い面も理解しておきましょう。

バーネット法を利用するメリット

バーネット法には2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは「連敗のリスクが小さく、連勝の利益が大きい」ことです。

バーネット法は、連敗が続いてもそれほど損失は大きくなりませんが、連勝時に利益が大きくなる手法となっています。

なぜなら、バーネット法は負けたときに賭け金を「1326」の「1」に戻すため、連敗が続いたとしても「1」の金額だけしか損失にならないのです。

しかし、勝った時は賭け金が徐々に上がっていき、「1326」の「6」を超えた後も連勝が続く場合はずっと「6」を賭けるため、連勝時の利益が大きくなります。

そのため、連敗や連勝が続くような偏った勝負のときにバーネット法を利用すると大きな力を発揮します。

2つ目のメリットは「賭け金が最初から決まっている」ことです。

初心者の方がバカラをプレイすると、次のゲームにいくら賭けようか迷うことが多いと思います。

そして、バカラの賭け金を決める時間は意外と短いので、焦ってしまった思った金額賭けられなかったり、賭け金を失敗してしまうこともあるでしょう。

しかし、バーネット法は賭け金が予め設定されているため、次にいくら賭けようかなどの無駄な思考の時間を減らすことができます。

バカラで賭ける金額によく迷われる方は、バーネット法などの賭け金が予め決まっている手法はおすすめです。

メリットまとめ
  1. 連敗のリスクは小さく、連勝の利益は大きい
  2. 賭け金が最初から決まっている

バーネット法を利用する際のデメリット

バーネット法のデメリットは2つあります。

1つ目のデメリットは「勝ち負けが交互になると損失が増えていく」ことです。

グッドマン法は、勝ち負けが交互に続くと「1326」の「1」勝ちと「3」負けが交互に続くため、損失が徐々に大きくなっていきます

勝率が5割の状況でも勝ち負けが交互のときは、マイナスになってしまうので精神的に辛くなるかと思います。

バーネット法は連勝しないと利益が残らないので、連勝ができないような流れの悪いときは、別の手法を使うことも考えましょう。

2つ目のデメリットは「賭け方が単調になる」ことです。

メリットで、「賭け金が最初から決まっている」ことを挙げましたが、実は賭け金が決まっていることはデメリットにもなり得ます。

決められた賭け金を賭けていくとどうしても賭け方が単調になり、スリルを味わいたい方にとっては物足りなくなるからです。

バーネット法は、基本的に守りタイプの賭け方であるため一攫千金などもできないですし、スリルを感じれる賭けもできません

堅実な賭け方ですが、ギャンブルで興奮を味わいたい方には向かない手法でもあるのです。

デメリットまとめ
  1. 勝ち負けが交互になると損失が増えていく
  2. 賭け方が単調になる

バーネット法とグッドマン法はどちらがいいの?

グッドマン法とは、別名「1235法」とも呼ばれており、勝ち続けるたびに「1235」の順で賭け金を上げていきます。

そのため、グッドマン法とバーネット法は非常によく似た手法なのです。

グッドマン法については下の記事を詳しく解説しているので、グッドマン法を知らない方は合わせてご覧ください。

money4 486x290 - バカラで連勝時に活躍するバーネット法(1326法)とは?使い方や注意点まとめ

バカラを堅実に攻略するグッドマン法(1235法)の使い方やシミュレーションを解説!

2020年3月27日

そして、よくどちらの手法がいいのかが議論されることがあるのですが、結論からいうと、どちらが優れているなどはないです。

バーネット法は、4連勝以上するとグッドマン法よりも利益が大きくなりますが、逆に勝ち負けが交互になるときはグッドマン法よりも損失が大きくなります。

両方法とも連勝状況や何連勝後に負けるかで損失の優劣が決まるため、一概にどちらが良いとは言えません。

そして、バーネット法の方がリスクも利益も少し大きくなるので、リスクが大きくなることが許容できて、利益を上がることを優先させたい方はバーネット法を活用してみてください

バーネット法を使った勝敗シミュレーション

ここでは、バーネット法を使ったシミュレーションをご紹介していきます。

勝った場合と負けた場合のシミュレーションから、どういった場面が効果的な手法なのかを改めて確認してください。

バーネット法で勝つときの勝敗の流れ

6dc41ba09b511f7402b640604a8061f5 - バカラで連勝時に活躍するバーネット法(1326法)とは?使い方や注意点まとめ

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

バーネット法の成功例である5連勝5連敗の極端な表ですが、勝率5割にも関わらず連勝によって利益が大きくなっているのがわかると思います。

上記の表のように、連敗による損失は少ないけど、連勝による利益は大きいです。

バーネット法で負けるときの勝敗の流れ

69903743f486a6bd2467c5d3347d633c - バカラで連勝時に活躍するバーネット法(1326法)とは?使い方や注意点まとめ

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで負けたときのシミュレーションです。

負けるときの状況を解説するために勝ち負けを交互になったバーネット法の失敗例を載せています。

勝ち負けが交互になると、賭け金を「3」に上げたタイミングで負けてしまうため、損失が積み重なっているのがわかると思います。

それほど大きな損失には繋がっていませんが勝率5割なのに、資金がジワジワ減っていくのは精神的なダメージも大きいです。

バーネット法で勝てない人の特徴

続いてはバーネット法を使っても負けやすい人の特徴についてご紹介していきます。

勝てない人には以下の2つの特徴が見受けられるので、実際にバーネット法を利用するときは気をつけましょう。

バーネット法で負ける人の特徴
  1. 軍資金に対して賭け金が大きい
  2. 使いどきを間違える

特徴①:軍資金に対して賭け金が大きい

バーネット法で勝てない人の特徴の1つ目は「軍資金に対して賭け金が大きい」ことです。

バーネット法は賭け金の比率は「1326」と決まっていますが、その比率通りであれば賭け金を大きくすることが可能です。

しかし、軍資金に対して大きな賭け金を設定してしまうと、数回の負けで軍資金を切らしてしまう可能性もあります。

例えば、30$しか用意していないにも関わらず、利益を大きくしたいがために「10$・30$・20$・60$」の比率で賭けようとすると、わずか3連敗するだけで軍資金を切らしてしまいます。

このように、軍資金に対して賭け金が大きいと負けやすい傾向にあります。

特徴②:使いどきを間違える

バーネット法で勝てない人の特徴の2つ目は「使いどきを間違える」ことです。

これまでも何度もお伝えしてきましたが、バーネット法は連勝によって利益を生み出す方法で、連勝しなければ利益はありません

それにも関わらず、勝ち負けが交互になるような流れの悪い時でもバーネット法を使い続けると損失が積み重なってしまいます

バーネット法が連勝によって利益を生み出す方法であることを忘れずに、連勝できるような流れの良いときに利用するようにしましょう。

バーネット法をうまく活用するための注意点

続いてはバーネット法をうまく活用するための注意点をご紹介していきます。

実際にバーネット法を利用してみようと考えている方は、以下の2つの注意点は守るようにしましょう。

バーネット法の2つの注意点
  1. ジワジワと利益が増えるのを待つ
  2. 他の手法を用意しておく

注意点①:ジワジワと利益が増えるを待つ

注意点の1つ目は「ジワジワと利益が増えるのを待つ」ことです。

バーネット法は、リスクを減らした守りの手法であるため、一攫千金のようなことは期待できません。

そのため、利益が増えるのも緩やかであり、利益が増えるまで待つことが大切です。

決められた賭け金を賭けていくため、退屈になることもあると思いますが、連勝によって利益が大きくなるまでじっくりと待ちましょう。

注意点②:他の手法を用意しておく

注意点の2つ目は「他の手法を用意しておく」ことです。

バーネット法は、連勝時にだけ利益を増やすことができる限定的な手法となっています。そして、勝率約50%のバカラにおいて毎回連勝できるということはありません。

そのため連勝せずに勝ち負けが交互になるときや負けるが続くときのために、バーネット法以外の手法を予め準備しておくことが非常に重要です。

負けが続くときは、マーチンゲール法で負け金を取り戻したり、勝ち負けが交互に続くときは、モンテカルロ法などの勝率5割以下でも利益が残せる手法を用意しておきましょう。

また、下の記事ではバカラで使える賭け方のテクニックをまとめてご紹介しているので、戦略の幅を広げるためにも合わせてご覧ください。

money 486x290 - バカラで連勝時に活躍するバーネット法(1326法)とは?使い方や注意点まとめ

バカラ必勝のマーチンゲール法とは?使い方から注意点まで網羅的に徹底解説!

2020年3月12日

まとめ

ここまでバカラで使えるバーネット法(1326法)を解説してきました。

バーネット法は、リスクを少なくバカラをプレイしたいけど、グッドマン法よりは利益を大きくしたいという方にはぴったりの手法ですので、連勝が続くような流れのよいときには活用してみてください

そして、バーネット法に固執せず、状況に応じた戦略を立てられるように手法は複数用意しておきましょう。

また、バカラの攻略法だけでなく、オンラインカジノ全般の攻略情報を「オンカジ攻略部」にて配信しています。オンラインカジノでよく遊ぶ方はこの機会に参加されてみてください。

下記の特典コードを送信すると、最近話題のバカラ配信に無料参加する方法をご紹介しているので興味のある方は、特典コードを利用してみてください。

特典コード:バカラ無料配信

※特典コードを送ると、バカラ配信の最新情報やお得な情報が自動送信されます。

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です