>>オンカジ攻略部の公式Twitterはこちら!<<

今週のおすすめ
オンラインカジノ


コニベットの豪華スペック
ライブカジノソフトウェア数7社
合計ソフトウェア数30社
入金不要ボーナス20ドル(出金条件1倍!!
サポート体制24時間(完全日本語対応)
入出金手段7種類(銀行送金対応!!
コニベットはコンテンツ数・ボーナスの質・サポート体制・入出金手段が充実した今人気のオンラインカジノです!
コニベット公式ページもユーザーが使いやすい仕様になっているので、ぜひ一度覗いてみてください!

オンラインカジノ決済手段「SticPay」とは?入出金手段・手数料・使い方まとめ

こんにちは、すばるです。

今回この記事では、オンラインカジノでは良く使われる決済手段「SticPay」について解説していきたいと思います。

最近ではオンラインカジノで使える決済手段もかなり増えてきたため、SticPayを利用していないユーザーもいるかとは思いますが、オンラインカジノで遊んだことがあれば、一度くらいは目にしたことのある決済手段だと思います。

それではさっそく本日の解説ポイントをまとめておきましょう。

本日の解説ポイント
  1. SticPayというサービスの特徴について
  2. 入出金手段と手数料について
  3. Sticpayを利用するメリット・デメリットについて
  4. SticPayの登録から利用開始までの流れを解説!

SticPay(スティックペイ)とは?

SticPayとは、「決済サービス」の一種です。

実は様々な呼び名があり、「オンラインウォレット」「モバイルウォレット」といった名称で紹介しているサイトもありますが、今回は決済サービスという名称で進めていきたいと思います。

決済サービスとは、一言で言えば決済を代行してくれる会社・サービスのことで、普通に国際送金を行うよりも手数料が安く済みます。別名、収納代行サービスとも言いますね。

一般的には、サービスの性質上、お金のやり取りに国際送金という手段を使わざる負えないサービスでこの決済サービスが利用されます。例えば、オンラインカジノや海外の証券会社(FXブローカー)などが有名です。

決済サービスとオンラインカジノとの関係性や歴史については別記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

SticPayの基本情報

SticPayの基本情報は以下の通りです。

基本情報
サービス名STICPAY(スティックペイ)
会社名Coopertoby Ltd
サービス開始2017年
サポートメール(日本語対応可能)
入金手段・国内銀行送金
・海外銀行送金
・クレジットカード
・仮想通貨
出金手段・国内銀行送金
・海外銀行送金
・仮想通貨
・STICPAYカード経由のATM出金
デビットカードの提供有無有り

※記事執筆時の情報です。

SticPayでのサポート手段は「メール」一択!

SticPayのサポート情報は以下の通りです。

サポート情報
日本語対応の有無
有り
対応時間
平日10:00~18:00
問い合わせ先
アカウントに関するお問い合わせaccount@sticpay.com
アフィリエイトに関するお問い合わせaffiliate@sticpay.com
入出金に関するお問い合わせfunds@sticpay.com
マーチャントに関するお問い合わせmerchant@sticpay.com

サポートは僕も利用していますが、日本語対応も完璧ですし、返信も迅速かつ丁寧だった印象が強いです。一点、欠点があるとすれば、サポート対応が平日のみであるため、土日祝日のサポートには期待ができないことが挙げられるかもしれません。

Sticカード(デビットカード)が人気の要因!

SticPayではSTICカードというサービスを提供しており、このカード目当てでSticPayを利用する人もいるくらい便利な機能が搭載されています。

機能例
  • デビットカード機能
  • キャッシング機能

メインはこの2つですね。

デビットカード機能では、日常的な買い物がSticPayカードで決済することが可能になります。決済時はSticPayの口座残高から引き落とされます。

キャッシング機能では、ATMから現金化することが可能です。SticPayカードに対応したATMであれば口座残高から現金として出金することも可能です。

などの便利な機能が搭載されているのがSTICカードです。詳しくは下記記事で解説しているので興味がある方はそちらも合わせてチェックしてみてください。

SticPayに対応しているサービス例

先述しましたが、SticPayに対応しているサービスの多くは、オンラインカジノや海外証券会社(FXブローカー)が多く、ここではSticPayに対応しているサービスをいくつかご紹介しておきたいと思います。

オンラインカジノ
海外証券会社

SticPayの入出金手段と手数料について

最近では「決済サービス」の数もかなり増えてはいますが、多くのユーザーが利用する決済サービスを選ぶ際に基準にしているのが、「手数料」だと思います。

最初に結論だけ言ってしまうと、同業他社を比較して特別手数料が特別に安くはありません。普通です。

対応可能な入金手段と手数料

SticPayで利用できる入金手段と各手数料は以下の通りです。

手段手数料着金目安
銀行送金(※1)2%1営業日以内
クレジットカード(※2)3.85%即時~1時間
仮想通貨(※3)1%即時~1時間

(※1)日本国内への送金は入金額×2%。
(※2)VISA/Master/UnionPayから選択可能。UnionPayの手数料のみ入金額×1.5%。
(※3)Bitcoin/Litecoin/Ethereumから選択可能。

入金に関しては全体的に手数料が普通に発生しますね。可もなく不可もなくといった感じです。もしこの中で選ぶとなると、やはり仮想通貨が扱いやすいかもしれません。

とは言え、基本的にSticPayを利用する場合というのは、オンラインカジノなどの外部サービス側の手段を使用して入金を行い、外部サービス内にある資金を出金する際に、SticPayへ送金するといった流れが多いと思います。

その場合は、外部サービス側が手数料を負担してくれるケースが多いので、その辺りは、外部サービス側に確認してみましょう。おそらくWEBサイトの出金についてのページに記載されていると思います。

対応可能な出金手段と手数料

SticPayで利用できる出金手段と各手数料は以下の通りです。

手段手数料着金目安
銀行送金(※1)800円+1.5%1~2営業日
STICカード(※2)1.3%即時~1時間
仮想通貨(※3)1.0%即時~1時間

(※1)日本国内への送金は(入金額×1.5%)+800円。
(※2)STICカードを発行する必要があり(無料)
(※3)Bitcoin/Litecoin/Ethereumから選択可能。

出金手数料についても普通にかかりますね。こちらも可もなく不可もなくといった感じです。この3つの中であれば、仮想通貨が手数料面ではおすすめです。その他、何も経由せずに現金化したいという場合は、「STICカード」一択ですね。

正直、手数料が普通以上に発生する銀行送金についてはあまりおすすめはしません。

SticPayを利用するメリット・デメリット

ここまでの内容を踏まえ、SticPayを利用するメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

メリット・長所

SticPayを利用するメリットは主に4つあります。

1つ目のメリットは、サイトやアプリが見やすいという点です。

お金をやり取りするサイトやアプリは、見やすいというのも重要なポイントの1つです。もちろん、サイトやアプリの日本語対応も完璧です!

2つ目のメリットは、サポート対応が迅速かつ丁寧である点です。

日本国内の銀行の場合は、丁寧であることが当たり前ですが、海外の場合は「連絡したけど返信が返ってこない…」なんてことは結構よくあることです。

しかし、SticPayの場合は今まで僕が利用している限り、サポートで不満に思ったことは一度もなく、サポートの質は高めだと評価できます。

3つ目のメリットは、STICカードを使えばATMから直接現金化が可能である点です。

このSTICカードを使えば、国内の自分の銀行口座へ着金することなく、SticPayの口座残高から直接現金を引き出すことが可能です。また、STICカードにはデビット機能も搭載されているため、日常的な買い物も普通に可能です。

4つ目のメリットは、出金処理が比較的早めな点です。

大体どこの決済サービスも出金処理に3~5営業日の時間がかかりますが、SticPayの場合は国内銀行送金であれば1~2営業日、仮想通貨であれば1営業日以内と出金処理は平均以上のスペックを持っていると言えます。

メリット
  1. サイトやアプリが見やすい。
  2. 日本語にも対応したサポートは迅速かつ丁寧。
  3. STICカードを使えばATMから直接現金化が可能。
  4. 出金処理が比較的早め。

デメリット・短所

SticPayのデメリットは主に2つあります。

1つ目のデメリットは、全体的な手数料が少し高めな点です。

決して大きく相場から離れているということはありませんが、お得感は一切ありません。

正直、サービスとしてのスペックは全体的に高めだと思うのでそれを考えれば仕方ないのかもしれませんが、今後もう少し安くなってくれることに期待したいです。

2つ目のデメリットは、土日はサポートが開いていないという点です。

土日はサポートもお休みです。問い合わせの返信も来ないので、注意しましょう。

デメリット
  1. 全体的な手数料は少し高め。
  2. 土日はサポートもお休み。

SticPayへの登録から利用開始までの流れ

最後にSticPayへの登録から利用開始までの流れについて解説していきます。

公式サイトからアカウント登録

まずは公式サイトからアカウント登録を行いましょう。

1.必要情報の入力

まずは必要情報を入力しましょう。

SticPayのアカウント登録時に必要な情報は以下の通りです。

必要情報
  1. メールアドレス
  2. 名前
  3. 苗字
  4. 生年月日
  5. パスワード
  6. 国籍
  7. 通貨
  8. 職業
  9. 利用頻度
  10. 入金予定額
  11. 取引予定回数
  12. 一件辺りの平均取引額

すべて入力が完了したら、最後に入力欄下の利用規約をすべて読んだ上で同意欄にチェックし、「次へ」で次のページへ進みましょう。

2.SMS認証

続いて、SMS認証です。これは資産を守る上で必要なものですね。

電話番号を入力したら、「承認コード送信」のボタンを押し、届いた承認コードで紐付けを行いましょう。

以上、ここまででアカウント登録は完了です。

本人確認(KYC)

STEP2では本人確認(KYC)を行っていきます。

この手のサービスは一種銀行のようなものなので、マネーロンダリングを防止するため、本人確認の提出が必要になってきます。一応、SticPayの場合は提出がなくても機能制限付きで利用はできますが、提出しておいた方が制限なく利用することができます。

機能制限を解除する場合は、以下の2種類の書類のコピーを提出しましょう。

1.居住証明書

1つ目は、自分が住んでいる住所を証明するための書類です。

水道、電気、ガス、電話料金、銀行、クレジットカード明細書など公的機関から3ヶ月以内に発行された証明書類の提出を行う必要があります。

2.身分証明書

2つ目は、自分の身分を証明するための書類です。

パスポート、マイナンバーカード、運転免許証など、公的機関から発行された顔写真付きの証明書類の提出を行う必要があります。

以上で本人確認は完了です。あとは、SticPay側が審査を行い問題がなければ承認されます。不備があれば、メール等で不足している点を丁寧に教えてくれるのでそれに従いましょう。

利用開始

以上、STEP1とSTEP2でSticPayの全ての機能を使用することができるようになります。あとは、オンラインカジノからSticPayへ送金してみるなどして、実際に着金されるか試してみるのが良いかもしれません。

まとめ

ここまでSticPay(スティックペイ)について解説してきましたが、SticPayは決済サービスの中でも信頼性が高く、当サイトとしても十分推奨できるだけのサービスです。

また、サービスの1つである「STICカード」は、オンラインカジノを利用しているユーザーの中でも定評がある出金手段ですので、うまく活用しながらカジノライフを楽しみましょう。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

もしよければ関連記事の当サイト限定ボーナス一覧やオンカジ攻略部のLINE@などもチェックしてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です