>>オンカジ攻略部の公式Twitterはこちら!<<

今週のおすすめ
オンラインカジノ


コニベットの豪華スペック
ライブカジノソフトウェア数7社
合計ソフトウェア数30社
入金不要ボーナス20ドル(出金条件1倍!!
サポート体制24時間(完全日本語対応)
入出金手段7種類(銀行送金対応!!
コニベットはコンテンツ数・ボーナスの質・サポート体制・入出金手段が充実した今人気のオンラインカジノです!
コニベット公式ページもユーザーが使いやすい仕様になっているので、ぜひ一度覗いてみてください!

バカラを堅実に攻略するグッドマン法(1235法)の使い方やシミュレーションを解説!

こんにちは、毎日休み.com運営部です。

今回はバカラを堅実に攻略する「グッドマン法(1235法)」という賭け方について解説していきます。

比較的リスクも小さいので、初心者や軍資金が少ない方でも使えるテクニックになっています。

そして連勝するような流れが良いときに力を発揮する手法であり、バカラでの戦略の幅を広げるためにも是非グッドマン法をご覧ください。

バカラで使えるグッドマン法(1235法)の使い方とは?

グッドマン法とは、バカラなどの2倍配当のギャンブルで活躍するテクニックで、リスクを抑えながら連勝によって利益を伸ばす手法です。

別名「1235法」とも呼ばれており、その名の通り連勝が続くと「1・2・3・5」の順番で賭け金を増やす方法となっています。

負けた時にリセットされるので、連敗による損失も抑えることができる賭け方で手堅くバカラを楽しみたい方におすすめです。

使い方も比較的簡単で以下の手順となっています。

グッドマン法を使用する手順
  1. 「1・2・3・5」の中で初めは「1」分の金額を賭ける。(例:1$賭ける)
  2. 勝った場合は、「1・2・3・5」の中で賭け金を上げていくので、「2」を賭けます。(例:2$賭ける)
  3. その後も勝つたびに「1・2・3・5」の順に賭け金を上げていき、一番右の「5」に達しても勝ち続けた場合は、ずっと「5」の金額を賭け続けます。(例:5$を賭け続ける)
  4. どのタイミングであっても、負けた場合は、手法をリセットして「1」の金額から賭け直します。(例:初回の1$から賭け直す)
  5. グッドマン法を辞めるタイミングは自由です。

上記の手順では「1・2・3・5」を「1$・2$・3$・5$」として紹介しましたが、比率を変えなければ「2$・4$・6$・10$」のように賭け金を増やしても問題ありません。

しかし、賭け金を増やすとその分リスクも増えることを頭に入れておいてください。

グッドマン法を利用する際の「メリット」と「デメリット」

使い方を覚えた後は、グッドマン法のメリットとデメリットもそれぞれ把握しておきましょう。

手法の強みと弱みを知ることで、グッドマン法を最大限活かすタイミングなどもわかるようになるので、強みと弱みをそれぞれご紹介していきます。

グッドマン法を利用するメリット

グッドマン法には2つメリットがあります。

1つ目のメリットは「低リスクで連勝で利益を伸ばせる」ことです。

グッドマン法は、勝利するごとに賭け金を上げていくので、連勝するほど利益が大きくなります。

さらに負けた時は、手法をリセットして1単位ずつの賭け金に戻すため、連敗しても損失が増えずらくなっています。

そのため、5連勝することができれば、その後12連敗しても損失にはならない低リスクさですし、連勝すると利益が非常に残しやすいです。

2つ目のメリットは「賭け金が決まっている」ことです。

バカラなどを予め賭け金を決めずにプレイすると、次はいくら賭けようが迷ってしまいますし、スピードバカラなどを利用するとベッド時間内で賭けることに焦ることもあります。

しかし、グッドマン法のように賭け金が予め決まっていると、落ち着いた状態でバカラを楽しむことができます

初心者の方ほど賭け金に迷って、制限時間にテンパってしまうことがよくあるので、手法を使って予め賭け金を決めておくのはおすすめです。

メリットまとめ
  1. 低リスクで連勝で利益を伸ばせる
  2. 賭け金が決まっている

グッドマン法を利用する際のデメリット

グッドマン法の2つのデメリットがあります。

1つ目のデメリットは「一気に大きな配当を得ることはできない」ことです。

1単位の賭け金にもよるのですが、「1・2・3・5」の順で賭け金を増やしていくため、一攫千金のような期待はあまりできません

リスクを減らして堅実に勝負したい方向けの手法となっているので、一攫千金を狙う方はパーレー法などの他の手法がおすすめです。

それかグッドマン法を使って一攫千金を狙うなら、ライトニングバカラのような配当に変化があるバカラを選んでみてください。

2つ目のデメリットは「勝ち負けが交互になると損失が増えていく」ことです。

グッドマン法は、勝った時に賭け金を増やしていく手法のため、勝ち負けが交互になると徐々に損失が増えてしまいます

連勝できなければ利益はでないので、その点はデメリットとなります。

勝ち負けが交互になったり、連勝が続かないときは、マーチンゲール法などで負け金を取り戻すことも視野に入れておきましょう。

デメリットまとめ
  1. 配当3倍以上のギャンブルでしか使えない
  2. テーブル賭け金の上限や軍資金に限界がある

グッドマン法を使った勝敗シミュレーション

ここでは、グッドマン法を使った勝敗のシミュレーション表を解説していきます。

極端な例となりますが、勝つときや負けるときのイメージに役立ててください。

グッドマン法で勝つときの勝敗の流れ

グッドマン法(1235法)の勝ちシミュレーション

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

5連勝後の5連敗というかなり極端な例ですが、勝率五割にも関わらず利益が残っているのがわかると思います。

グッドマン法は一度の連勝で利益が残しやすくなるため、連勝するまで耐える手法とも言えます。

グッドマン法で負けるときの勝敗の流れ

グッドマン法(1235法)の負けシミュレーション

上記の表は、軍資金100$・初回賭け金1$・10ゲームで勝ったときのシミュレーションです。

こちらも勝ち負けが交互に続く極端な例ですが、同じ勝率五割にも関わらず、損失がジワジワと増えているのがわかると思います。

負けるときは基本的に「1$」ずつとなるので、大きな損失にはつながりませんが、連勝しなければ実質は負けであると言えます。

グッドマン法で勝てない人の特徴

リスクが少ないため、負けにくい印象のグッドマン法ですが、それでも負けてしまう人がいます。

そんな勝てない人は以下の2つの特徴が見受けられます。

グッドマン法で負ける人の特徴
  1. 賭け金が大きい
  2. グッドマン法に固執してしまう

特徴①:賭け金が大きい

グッドマン法で勝てない人の特徴の1つ目は「賭け金が大きい」ことです。

グッドマン法は負けるときも大きな損失にはならない低リスクな賭け方ですが、「1・2・3・5」の比率であれば賭け金を変えて、大きな金額を変えてしまうと途端にリスクは大きくなります。

たとえば、軍資金が100$しかない状況で「10$・20$・30$・50$」と言った大きな賭け金で賭けようとすると、連敗が続いて資金が底をつく可能性が高くなります。

そのため、軍資金に対して賭け金が大きくしてしまう方はグッドマン法でも負けやすい傾向があります。

特徴②:グッドマン法に固執してしまう

グッドマン法で勝てない人の特徴の1つ目は「グッドマン法に固執してしまう」ことです。

グッドマン法に限らず、どの手法にも言えることですが、1つの手法にこだわっていると勝ちにくい傾向があります。

グッドマン法は連勝によって利益を伸ばす手法であるため、負け金を一気に取り戻すような力はありません

それにも関わらず、連勝できない状況が続いて負け金が増えていても気にせずグッドマン法を使っていると、負け金を回収しきることができなくなることがよくあります。

そのため、連勝ができないような流れが悪い状況であれば、グッドマン法を辞めるという選択肢も必要になってくるのです。

グッドマン法をうまく活用するための注意点

続いてグッドマン法をうまく活用するための注意点をご紹介します。

グッドマン法を利用する上で以下の2点が特に大切ですので、利用される際は注意してください。

グッドマン法の2つの注意点
  1. 連勝するまで耐えることを心がける
  2. 負け金を回収する算段をつけておく

注意点①:連勝するまで耐えることを心がける

注意点の1つ目は「連勝するまで耐えることを心がける」ことです。

グッドマン法は連勝すれば利益が残りやすいですが、連勝するのは簡単でないので、耐える忍耐力が必要となります。

実際にグッドマン法をやってみるとわかるのですが、低リスクなため、賭け金を小さくすれば比較的耐えることはできます。

しかし、勝ち負けが交互に続いて連勝できない状況が続くとかなり退屈で、ギャンブルをやっているのにハラハラ感もなく、時間だけが過ぎているような感覚に陥ります

そういった状況に陥ることも覚悟して、連勝するまで耐えないことが大切になってきます。

注意点②:負け金を回収する算段をつけておく

注意点の2つ目は「負け金を回収する算段をつけておく」ことです。

グッドマン法は、連勝しない限りは徐々に損失が増えていきますし、損失を回収するのも徐々に難しくなってきます

そういった連勝ができない状況なども考慮しておき、マーチンゲール法などで回収するための算段をつけておくことは大切です。

負けが重なってきたら、マーチンゲール法などで負け金を回収してフラットな状態に戻して、そこから連勝で利益を残すような流れも想定しておきましょう。

マーチンゲール法については下の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

まとめ

ここまでグッドマン法(1235法)を解説してきました。

この記事を読んでわかる通り、グッドマン法は一攫千金のような華やかな手法ではなく、リスクを減らした堅実な手法です。

また連勝によって利益を残すのが強みなので、状況に応じて活用してみてください。

そして、バカラの手法だけでなく、オンラインカジノの攻略情報を「オンカジ攻略部」で配信しています。下記の特典コードを送信すると、最近話題のバカラ配信に無料で参加する方法をお教えしています。

オンカジ攻略部は、LINE@での情報発信とLINEオープンチャットのコミュニティの計2つご用意しているので、オンラインカジノ好きな方はぜひ活用してみてください。

特典コード:バカラ配信

※特典コードを送ると、バカラ配信の最新情報やお得な情報が自動送信されます。

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です