>>オンカジ攻略部の公式Twitterはこちら!<<

今週のおすすめ
オンラインカジノ


コニベットの豪華スペック
ライブカジノソフトウェア数7社
合計ソフトウェア数30社
入金不要ボーナス20ドル(出金条件1倍!!
サポート体制24時間(完全日本語対応)
入出金手段7種類(銀行送金対応!!
コニベットはコンテンツ数・ボーナスの質・サポート体制・入出金手段が充実した今人気のオンラインカジノです!
コニベット公式ページもユーザーが使いやすい仕様になっているので、ぜひ一度覗いてみてください!

バカラを楽しめるセルフハイエナ法!戦略の立て方から利点・悪点まで徹底解説!

こんにちは、毎日休み.com運営部です。

今回は、バカラを自分なりに楽しむための賭け方である『セルフハイエナ法』について解説していきます。

自分でルールを決めて実践していく上級者向けの手法ですが、自由で奥深く、勝った時の嬉しさは他の手法よりも大きくなるように思えます。

色々な手法に縛られて賭けていくことにうんざりしているあなたは、是非セルフハイエナ法で自由にバカラを楽しんでみてください。

バカラを自由に楽しむセルフハイエナ法の使い方とは?

セルフハイエナ法は、自分で賭け方のルールや損切りのタイミングを決めたりする、とにかく自由な賭け方となります。

このテクニックは、賭け方の手法同士を組み合わせたり、手法を自分流にアレンジしてルールを決めたりと、自分で決めたことに則ってギャンブルを楽しむものです。

バカラで例えると、「ゲームの最初は【プレイヤー】にベッドする」や「5回連続で【バンカー】が出たら次は【プレイヤー】に賭けるといった簡単なルールから、賭け方の手法同士を組み合わせるなどの高度なルールの決め方などがあります。

自分でルールを決める難しさがありますが、その分自分の力で勝った時の爽快感は最高です。

バカラに慣れてきたら、ぜひ自分ルールを作るセルフハイエナ法を試してみてください。

セルフハイエナ法を利用する際の「メリット」と「デメリット」

自分で賭け方を決める自由なセルフハイエナ法にもメリットとデメリットが存在します。

実際にセルフハイエナ法を使う前に良い点、悪い点を確認しましょう。

セルフハイエナ法を利用するメリット

セルフハイエナ法には2つのメリットがあります。

1つ目のメリットは「賭け方が自由である」ことです。

バカラでグッドマン法オスカーズグラインド法などのような、次の賭け金が決まっていて、さらに大きな金額が一気に稼げないような手法を使うと、地道な賭けに飽きてしまうことがあります。

そのような決められた賭け方にうんざりしている方にとっては、セルフハイエナ法で自分のルールを作って、自分の好きなように賭けられるというのは大きなメリットです。

自分の立てた戦略で勝ったときの爽快感はたまらないものですし、ギャンブルならではのヒヤヒヤ感も味わえると思うので、セルフハイエナ法はおすすめです。

2つ目のメリットは「状況に応じて臨機応変に対応できる」ことです。

バカラで使える賭け方の手法はたくさんありますが、どれも万能と言うわけでなく、ある状況下によっては強さを発揮するというものばかりです。

そのため、手法にこだわっていると状況によっては全く勝てないこともよくあります

しかし、セルフハイエナ法では1つの手法にこだわるわけではないので、状況によって自分で賭け方を変更することも可能です。

もちろん状況判断は難しくてうまくいかないことも多いかと思いますが、臨機応変に戦略を変更できるのは大きなメリットです。

メリットまとめ
  1. 賭け方が自由である
  2. 状況に応じて臨機応変に対応できる

セルフハイエナ法を利用する際のデメリット

セルフハイエナ法のデメリットは2つあります。

1つ目のデメリットは「実際にカジノ経験がないと難しい」ことです。

自分でルールを作っていくため、ある程度のカジノ経験は必要になってきます。

また手法同士を組み合わせてルールを作るにしても、それらの手法を実際に使ってみて、良い点・悪い点をきちんと理解していないと効果的なルールは作ません

そのため、セルフハイエナ法は初心者にはハードルが高い手法となっています。

2つ目のデメリットは「状況判断がきちんとできないと効果がない」ことです。

セルフハイエナ法は、自分の判断や戦略が非常に重要になりますし、状況判断を誤ると逆効果になってしまう場合もあります

例えば、何かしらの手法を用いて自分ルールを作ったとしても、その手法の効果を発揮するタイミングや損失が出てしまう状況などを理解していないと、うまい状況判断はできません。

悪影響が出るような手法を組み合わせてしまったりなどのミスも起こりえるので、自由度が高い分使いこなすための難易度は高いです。

デメリットまとめ
  1. 実際にカジノ経験がないと難しい
  2. 状況判断がきちんとできないと効果がない

セルフハイエナ法を作り方の例

セルフハイエナ法で賭け方の手法同士を掛け合わせる場合は、その手法の良い点と悪い点をまずは分析します。

分析した後は、良い点を残したまま悪い点を補う手法の組み合わせを探すことで、独自の攻略法を作り上げることができます。

下の2つの例を参考に自分でもセルフハイエナ法を編み出してみましょう。

例①:10%投資法×パーレー法

10%投資法は賭け金を常に資金の10%に設定していく方法で、負けた時のリスクを抑えながら、勝ち越したときの利益を大きくするテクニックとなっています。

パーレー法は勝った時に次のゲームで賭け金を2倍にして、大きな利益を一気に獲得するテクニックとなっています。

10%投資法はリスクが少ない分、連勝が続いたときの利益の増え幅はパーレー法には劣ります。そして、パーレー法は1度の敗北で利益がなくなってしまう欠点があります。

そのため、ゲームに勝った場合は3連勝するまでパーレー法を使って、賭け金を一気に増やしていき、4連勝以降からは負けても利益が残るように10%投資法を使っていくというルールにします。

そうすると、連勝が続いたときは10%投資法だけを使った時よりも利益が増えて、連勝後に負けてもパーレー法のようにすべての利益がなくなるわけではありません

このように、それぞれの手法の利点を生かした組み合わせを考えていきます。

もちろん、3連勝しなければ利益が出ないという欠点もあるので完璧な手法ではないですが、参考にしてみてください。

10%投資法とパーレー法については下の記事で詳しく解説しているので、興味がありましたら合わせてご覧ください。

例②:グランパーレー法×グランマーチンゲール法

グランパーレー法とは、勝った時に次のゲームで勝ち金の2倍の金額にプラスで初回賭け金を上乗せして賭けて、連勝時に一気に利益を増やす手法です。

グランマーチンゲール法は、負けた時に次のゲームで負け金の2倍の金額にプラスで初回賭け金を上乗せして賭けて、負け金を1度の勝利で取り戻しながら利益も出す手法となっています。

グランパーレー法は連勝しないと利益が出ないという欠点があり、グランマーチンゲール法も連勝しても利益が伸ばせないという欠点があります。

そのため、2つを組み合わせることで、連勝時にはグランパーレー法で利益を拡大でき、負けた時でもグランマーチンゲール法で利益を獲得できる戦略となります。

ただし、グランマーチンゲール法の影響で膨大な資金が必要になる欠点があるため、意地でも利益を増やしたいという方におすすめのセルフハイエナ法です。

グランパーレー法とグランマーチンゲール法については下の記事で詳しく解説しているので、興味がありましたら合わせてご覧ください。

上記のように、自分で手法の利点・悪点を分析して、どのくらいのリスクを許容できるのかなどを決めて、ルールを作成していくことが必要になります。

いろいろな手法を分析して、自分で戦略を立てるのも楽しいので、是非1度セルフハイエナ法を作ってみてください。

セルフハイエナ法で勝てない人の特徴

自分でルールを作成するセルフハイエナ法を使って勝てない人には以下の特徴があります。

どのような人がセルフハイエナ法で負けてしまうのか、実際に利用する前に把握しておきましょう。

セルフハイエナ法で負ける人の特徴
  1. 自分で決めたルールを守らない
  2. 実際に使ったことがない手法を戦略に取り入れる

特徴①:自分で決めたルールを守らない

セルフハイエナ法で勝てない人の特徴の1つ目は「自分で決めたルールを守らない」ことです。

セルフハイエナ法は、自分でルールを決めて、そのルールを守ることで力が発揮されます。

それにも関わず、自分で決めたルールを破ってプレイするならば、セルフハイエナ法とは言えませんし、自分の立てた戦略が無意味になってしまいます

例えば、ある手法を使っていくら負けたら、別の戦略に切り替えるというようなセルフハイエナ法を使っていたとして、負けて戦略の切り替えが必要なときに、「まだ、この手法でいける!」と戦略を変えなければ、ルールを作った意味がまるでなくなります。

セルフハイエナ法は、自分をルールを決める自由度の高い手法ですが、その決めたルールはきちんと守りましょう。

特徴②:実際に使ったことがない手法を戦略に取り入れる

セルフハイエナ法で勝てない人の特徴の2つ目は「実際に使ったことがない手法を戦略に取り入れる」ことです。

実際に使ったことがない手法は、賭け方の利点や悪点に気付けないことも多いです。

そのため、抜けている実戦値によって思わぬ痛手を受けてしまうこともあるので、手法を取り入れた戦略を立てるときは、1度実際に使ってみることが大切です。

セルフハイエナ法をうまく活用するためのコツ

セルフハイエナ法を作ったり、実践で使うことを考えるのコツについて解説していきます。

セルフハイエナ法に興味があって、使ってみようという方は是非参考にしてください。

セルフハイエナ法の注意点
  1. まずは真似して練習する
  2. 実際に様々な手法を試してみる

コツ①:まずは真似して練習する

コツの1つ目は「まずは真似して練習する」ことです。

いきなりセルフハイエナ法を自分なりに作ってみようと思っても、戦略を立てるのはとても難しくて、何も浮かばないことがあると思います。

そういったときは、考えても良い案が出づらいので、まずはこのサイトの手法やセルフハイエナ法の例を検索してみて、真似して実際に賭けてみて、どんな資金変動があるのかを確認してみましょう

実際に使うなかで、自分には合わないと思う部分を改良してみたり、賭け金を変えて自分にあった方法を探してみたりすることで、自分なりのルールができてくると思います。

コツ②:実際に様々な手法を試してみる

コツの2つ目は「実際に様々な手法を試してみる」ことです。

バカラで使える賭け方のテクニックはたくさんあり、それらを実際に使って試してみることで、テクニックのメリットやデメリットが見えてきます

そして、自分に合うものや合わないものも出てきて、やっていくうちに自分のルールが出来上がってきます

セルフハイエナ法を作るにあたって、まずは実践して知識を蓄えることも大切なので、色々な手法に触れることを意識しましょう

下の記事では、バカラで使えるテクニックを一覧にしてまとめているので、戦略の幅を広げたい方は是非ご覧ください。

まとめ

ここまで、自由すぎるセルフハイエナ法について解説してきました。

自由だからこそ面白みがあって奥深く、自由だからこそ難しい手法となっていますが、バカラを自分なりに楽しみたい方は是非セルフハイエナ法を試してみてください

また、バカラにおける賭け方のテクニックだけでなく、オンラインカジノ全般の攻略法をLINE@「オンカジ攻略部」では配信しています

下の特典コードを「オンカジ攻略部」に送信するだけで、最近話題のバカラ配信に無料で参加できる手順を公開しているので、ぜひ登録してみてください。

特典コード:バカラ無料配信

※特典コードを送ると、バカラ配信の最新情報が自動送信されます。

また、バカラに特化したオンラインカジノを徹底比較して、ランキングにして紹介しているので、バカラ好きな方は是非合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です